イーサリアム2.0、メインネットの仕様を実験へ Prysmatic Labsが新たなテストネットをローンチ

ETH2.0の新しいテストネットをローンチ

イーサリアム2.0(ETH2.0)のクライアントPrysmatic Labsは10日、新たなテストネット「Onyx」のローンチを発表した。

Onyxは既に入金受付を開始していて、間もなく最新のテストネットから切り替えを行う。

Onyxでは最新のETH2.0の仕様「v0.12.1」をテストを実施する。このバージョンはメインネットローンチ前の最終版の仕様になる予定だ。

Prysmatic Labsが前回のテストネット「Topaz」をローンチすることを発表したのが4月、バリデータがロックアップするETHの量をメインネット同様に32ETHに設定した。そのTopazに改良を加えた新たなテストネットがOnyxになる。

関連イーサリアム2.0関連で新たなテストネットがローンチへ

Topazは参加するバリデータの数も多く、Prysmatic Labsのノードは35%以下で非中央集権性も高かったが、元々1つのクライアントで稼働させるネットワークだった。マルチクライアントでの稼働を試すも合意形成のエラーで対応できなかったため、Onyxではクライアントの互換性も検証を行う。

他にはP2P間におけるメッセージのやりとりの質向上や、合意形成のバグも修正するという。

参考資料 : Prysmatic Labs


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します