CoinPostで今最も読まれています

複数のアナリスト:2018年はビットコインが発展を遂げる最高の年になると確信

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2018年はビットコインにとって最も利益のある年に?
本年、多くの仮想通貨の価格が軒並み暴落しましたが、今後は価格面、技術面ともに大きな進展が見られると予想されています。
ビットコインの技術進展
ビットコインでは、スケーラビリティ問題への解決策としてSegwit、ライトニングネットワークといった革新的な技術が提案されています。

2018年の仮想通貨市場の走り出しは、望ましいものとは言えませんでした。

ほぼ全ての仮想通貨の価格が、年初めの数週間で最高値の半分以下にまで下落してしまいました。

さらに、数日前から続く下落トレンドは、またしても仮想通貨市場が精力を失うきっかけとなってしまいました。

しかし、多くのアナリストが、今年は長期的に見れば仮想通貨市場全体が上昇傾向に向かうだろうと確信しています

とりわけビットコインは、多くの投資家に大きな利益を生むだろうと考えられています。

ビットコインのスケーラビリティ問題の改善

全ての仮想通貨市場は、2018年年始より7週間で深刻な下落を目の当たりにしました。

2月中旬よりビットコインは上昇傾向を示したものの、再び下降傾向に入りその利益はまたしても失われてしまいました

年始より続く下落が仮想通貨バブルの崩壊であるかは現時点では分かりません。

しかしながら、仮想通貨業界が今後良い方向に進んでいくであろう明確な理由はいくつかあります。

特に、ビットコインに関して多くの好材料が残されており、スケーラビリティ問題への新たな解決策を筆頭として、その技術開発にさまざまな進展があることでしょう

先日、Bitcoin Coreの開発チームによって、トランザクションの高速化を図るSegwitがデフォルト化し、その運用がより容易になりました。

SegWitがデフォルトで有効に/BTC価格は上昇するか?
最新のBitcoin Core clientアップデートによって、Segwitがデフォルト化します。ユーザーはSegWitを容易に利用できるようになります。サービスプロバイダにとっても、よりスムーズにSegWitの導入をするきっかけとなりそうです。

Segwitの採用率が高まることで、ライトニングネットワークの実現もより確かなものとなっていくことでしょう

昨年末、ビットコインの送金件数が増加し、その取引手数料が大幅に増加したことが問題となりました。

一時、その取引手数料は20ドル以上にまで上りました。

取引手数料の増大は理想と大きく離れており、この問題を解決することは容易なことではありません。

Segwitライトニングネットワークの実現により、手数料は大きく抑えられる見込みです。

しかし、これらの計画の進行には、おそらく長い時間を要するでしょう。

また、Rootstockにより、スマートコントラクトをビットコインのサイドチェーン上で実現することも、今後期待される技術の一つです。

仮想通貨規制とICOについて

仮想通貨産業が規制されることは、ある意味好ましいことです。

適切なルールが整備されることで、仮想通貨が合法とされ一般大衆に根ざしていくのです

現在、多くの国が仮想通貨の取り扱いに関する健全なルール整備を望んでいることは明らかです。

しかし、非常に厳格な制限を設けられる場合もあり、全ての人が仮想通貨を積極的に捉えているわけではありません

今は、精査された規制により仮想通貨の合法化が進み、デジタルトークンの普及が前進することが一番の課題でしょう。

また、機関投資家の参入が仮想通貨の価格上昇、ひいてはその技術進歩に大きな影響を与えることが期待されています。

ビットコイン先物取引が開始したことにより機関投資家の参入が増加すると見込まれましたが、今現在、先物取引への注目は予想されたよりも集まっていません

CMEグループ商品、ビットコイン先物とはどのように機能するのか
CME、CBOE、Cantor Fitzgeraldの三社がビットコイン商品取り扱いを公式に発表しました。本記事ではCMEのビットコイン先物に注目して、それがどのような商品になるのか例と共に詳細に説明します。

次第にその取引量が増加していることは見受けられるものの、機関投資家が仮想通貨へ注力するかは、現時点では判断できかねます

しかし、今後の機関投資家の動向次第では、私たちは価値上昇という形で大きな利益を得ることができるかもしれません

最後に、仮想通貨の行く末を語る上でICOへの言及は必要不可欠です。

多くの人が、ICOは仮想通貨転落の原因になると危惧しています。

SECが不法なICOを厳しく取り締まることで、詐欺まがいのICOが横行している現状が大きく改善されることでしょう

そして、いずれICOがより健全なものとなり、多くの会社がその資金調達法としてICOを採用するでしょう。

特に、Telegramがある種のIPOのようにICOを実施したこともあり、ICOによるビジネスモデルが今後大きく変容することは明らかです

2億人のユーザーを持つチャットアプリ"Telegram"が巨大ICO実施へ
2億人のチャットアプリ"テレグラム"が仮想通貨史上最大のICO実施することをアナウンスし、今年1番注目のICOになるでしょう。

Despite Slow Start, Analysts Believe 2018 Could be the Best Year for Bitcoin

Jp Buntinx・ February 23, 2018

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧