CoinPostで今最も読まれています

Bitcoin.orgオーナーがBTCのPoWアルゴリズム変更を要請

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインのPoWアルゴリズムの変更を求める声
今週、Bitcoin.org及び、Bitcointalk.orgのポータルサイトのオーナーである「Cobra」氏が、ビットコインコミュニティに対し、ビットコインコアネットワークにおける「PoWアルゴリズムの変更」を求める、公開質問状を送りました。
マイニング市場の独占化に警鐘
Cobra氏によると、ビットコインのマイニングは、Bitmainのオーナーである「Jihan Wu」氏によって独占状態にあり、非中央集権特性が弱まってきている、と指摘し、警鐘を鳴らしています。

ビットコインマイニングの問題点を指摘

今週、ウェブポータルの「Bitcoin.org」及び、「Bitcointalk.org」のオーナーが、ビットコインコミュニティに対し、ビットコインコアネットワークの「proof-of-work(以下、PoW)」アルゴリズムの変更を求める公開状を送ったことで、論争に火を付けています。

Cobra氏は、ビットコインの問題点として、「非中央集権」の特徴が徐々に弱まってきていると語り、マイニングの中央集権化を非難しました。

氏の指摘する”一人の男性及び、彼の会社”とは、中国にある「Bitmain Technology」社のオーナーである「Jihan Wu氏(以下、Wu氏)」を指しているものと考えられています。

Cobra氏は、「ビットコインコアのセキュリティが、たった一企業に依存しなけれなならない現状はとても愉快だ」と皮肉を込めて語りました。

公開状では、以下のように指摘されています。

Bitmainが”ハッシュレート”の大部分を占有している限り、安全なネットワークを保つ唯一の方法は、新しいPoWへのハードフォークしかありません。

しかし、これは”比較的小さなコミュニティ”という前提が必要であり、非中央集権を標榜するはずのビットコインに対して、高い倫理観・道徳観を持ち合わせていなければなりません。」

Cobra氏:「ハッシュレートは乱用されつつある」

さらにCobra氏は、ビットコインコミュニティが「国際的なマイニング市場に新参企業が現れる」と常々語っていることに対し、「新しい企業が台頭したとしても 、Bitmainとの競争には太刀打ちすることは出来ない」と言及しています。

「Bitmain」は、2017年度にすでに$40億(約4,240億円)もの利益を上げており、Cobra氏は彼らが遥か先を進んでいると考えているからです。

Cobra氏は、コミュニティに対する請願書の中で、以下のように記述しました。

「$40億(約4,240億円)の利益を、より優れたハードウェアの開発に使用することで、近い将来にマイニングの独占率をさらに広げ、競合他社の株式さえ買収する可能性があります」

「ハッシュレートは、無謀かつ危険なハードフォークの試みに政治的支援を与えるなど、すでに乱用され始めています

彼らのビットコインに対して懐疑的な立場で、ネットワークを弱体化させているビットコインキャッシュに興味を示しているように映ります」

Cobra氏は、もっと多種多様な個人および企業に分散されない限り、PoWがセキュリティに与える影響が軽微であることを指摘しました。

現時点で、マイニングの分散が実現出来ておらず、Wu氏によって独占されているという現状があるのです。

Cobra氏は、この中央集権な状態が「彼は、刑務所に入ることを恐れて引き金を引くことはないだろう」と言いながら、「赤の他人に銃口を突きつけられるのを了承するのと同じくらい、リスキーであり馬鹿げている」と言及しました。

Jihan Wu氏の見解と反論

匿名サイトのオーナーは、以前にもコミュニティのメンバーに対し、「Satoshi Nakamoto」氏のホワイトペーパーの一部を書き直すよう提案、議論を巻き起こしていました。

Cobra氏の最新コメントによると、「マイニングの問題は、ビットコインに関するあらゆる問題の根源になっている」と主張しています。

もはやコミュニティにとって有益なものでなくなっていることから、一刻も早く排除すべきだと記述しました。

これに対し、BitmainのWu氏は、以下のように回答しています。

「とてもクールだ。あなたの提案が適応されれば、仮想通貨経済圏でのビットコインの市場占有率は、10%は落ちるでしょう。グッドラック」

さらにこう付け加えました。

「イーサリアムが”erc-20”の改善案について議論し、その他ブロックチェーンも積極的なイノベーションをテストする中、Bitcoin.orgのオーナーは、PoWの変更を推進するといった政治利用に夢中になっている」

「これでは、ビットコインの未来は明るいとは言えません」

Bitcoin.org Owner Asks the Community to Change Bitcoin’s Central PoW Algorithm

Feb 25, 2018 by Jamie Redman

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧