CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム2.0、早ければ今年11月か 開発者が展望を示す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ETH2.0のロードマップに関係者が言及

仮想通貨取引所OKExが共同開催を行ったAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)にて、イーサリアムコミュニティのリーダーおよび開発者が参加。ETH1.0とETH2.0の違いや、ETH2.0ローンチまでのロードマップなどを語った。

今回のAMAには、ETH2.0開発チームの一つ「Prysmatic Labs」の共同設立者Raul Jordan、Görli Testnetイニシアチブを設立し、長年ブロックチェーン業界でソフトウェアエンジニアとして活躍するAfri Schoedonなどが参画している。

早ければ11月か

AMAで、イーサリアム2.0がローンチされるためには、大きく分けて以下の二つ要素を満たす必要があると説明された。

  • ETH2クライエント全てがv0.12.1に対応する
  • デポジットコントラクトの実装

これらの実装時期が明確にならないことから、正確なローンチ日を明示することはできないが、Schoedonによればすべてが順調に進んだ場合、ローンチ日は11月頃になるのではないかとの見解を示している。

クライエントの進捗状況

Schoedon曰く、ETH2.0がローンチされるには、最新のバージョンであるv0.12.1に対応したクライエントがリリースされる必要があるのだが、現在、5つあるクライエントのうち、同バージョンに対応したものは、Prysmatic Labsがリリースするクライエント1つしか存在していないとの現状だ。

その他4クライエントは、同バージョンの対応に取り組んでいる最中だという。

Prysmatic Labsが開発を行った、v0.12.1のマルチクライエントテストネットのローンチは今月の終わりを予定し、仮に同テストがうまくいった場合は、メインネットと同様の状況下で、パブリックマルチクライエントテストネットのローンチが行われる計画だ。

さらに、このテストも軌道に乗れば、7月に最終パブリックテストが実施されるとしている。

このパブリックテストで安定的な稼働が2〜3ヵ月間程度持続した場合、ここでメインネットのローンチに向けた取り組みを開始できるとの順番。

デポジットコントラクトの進捗状況

前述した通り、ETH2.0のローンチには、現在のイーサリアムチェーンに、デポジットコントラクトを設ける必要がある。

このデポジットコントラクトはETH2.0へデポジットを行うために、必要不可欠なものだ。

Schoedonの話によれば、このデポジットコントラクトの設計は完全には定義されておらず、機能の完成は8月の終わりから9月の中頃になるだろうと目安を示している。

ETH2.0のマイルストーン

ETH2.0をローンチするまでの日程に関して、Schoedonは以下のような提案を行っている。

公式マルチクライエントテストネットのローンチ後、90日後にビーコンチェーンのメインネットへのローンチ。

この90日の内、8週間でテストを行い、バグなどが見つかった場合は残りの4週間でそれらの修正を行う。

そのうえで同氏は、前述した全ての計画がスムーズに進んだ場合、11月あたりにETH2.0のローンチが可能かもしれないとし、トラブルの発生などを考慮し、保守的に予測をした場合は、ローンチが2021年までもつれ込むのではないかとした。

参考:ETH Core and Infrastructure Devs on ETH 2.0 Roadmap, Challenges and Expectations: Recap

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 月曜日
14:35
JPモルガン、金融系AI(人工知能)「IndexGPT」の商標登録を申請
米JPモルガンは金融システムに活かすための人工知能「IndexGPT」の商標登録を申請した。株指数の作成や投資コンサルティングなど様々な金融サービスに使うことを念頭に置いている。
13:25
JPモルガンのアナリスト、ビットコインが45000ドルに達する可能性を指摘
JPモルガンのアナリストは顧客向けの相場予想で、暗号資産(仮想通貨)ビットコインが45000ドル(630万円)に到達する可能性を示唆した。
12:31
中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画 
中国北京市の科学技術委員会は、Web3イノベーションの開発をテーマとした白書を発表。北京市がWeb3産業育成のため政策支援を行っていくと述べた。朝陽区は毎年20億円以上を投資する計画だ。
12:17
デフォルト懸念後退でビットコイン反発、潮目が変わる3つの背景
米債務上限問題で原則合意に至るなど大きな進展が見られ、デフォルト回避思惑で株式市場やビットコインなど暗号資産(仮想通貨)市場が大幅反発した。6月以降に潮目が変わる3つの背景を探る。
05/28 日曜日
17:00
日本におけるWeb3の可能性を解き放つ──「Fabric Tokyo」4章|CONNECTV・イベント配信
今回のCONNECTVは、ETHGlobalのサイドイベントとして開催されたFabric Tokyoの4章を配信。「日本におけるWeb3の可能性を解き放つ」をテーマにゲストに話を聞いた。
13:00
メタバースに関わる法規制を専門家が解説
メタバース上ではアバター同士の交流、仮想空間上で商品購入などが行われている。留意すべき法規制は、取引や金融規制、知的財産、データなど、様々な法規制への留意が必要。本記事では法律事務所ZeLoが、メタバース事業者が配慮すべき法律について解説。
11:30
横ばいで推移のビットコイン、上値余地は限定的か
国内大手取引所bitbankのアナリストが、警戒感強まる今週のビットコイン相場と、万が一米国のデフォルト発生時の来週のシナリオを考察。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本向けサービスの案内に注目集まる
今週はバイナンスが、日本向けのグローバルサービスの終了などについて発表したニュースが最も多く読まれた。このほか、日本政府が仮想通貨の追跡を強化することなど、一週間分の情報をお届けする。
10:00
「GTA6」、仮想通貨導入の噂が再浮上
大手ゲームスタジオRockstar Gamesが手がける人気ゲームの新作、『Grand Theft Auto 6』に仮想通貨が導入されるのではないか」との噂が最近再燃している。しかしながら、こうした噂の真偽を裏付ける証拠は現時点では存在していない。
05/27 土曜日
17:00
次のミリオンユーザーを探る──「Fabric Tokyo」3章|CONNECTV・イベント配信
今回のCONNECTVは、ETHGlobalのサイドイベントとして開催されたFabric Tokyoの3章を配信。「次のミリオンユーザーを探る」をテーマにゲストに話を聞いた。
13:00
NikeのNFTスニーカー 売上100万ドル超え
ナイキのWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」がNFTニーカーコレクション「Our Force 1」を5月15日に発売した。現在までの総売り上げは約2億円となっている。未販売在庫3万点が完売しない限り、セールは6月1日まで継続する。
12:00
サンドボックスCEOのツイッター乗っ取り 偽のエアドロップを宣伝
メタバース関連企業ザ・サンドボックスCEOのアカウントがハッキングされていた。ハッカーは、エアドロップを宣伝する詐欺のURLを掲載し不正に送金させようとしていた形だ。
11:00
RedditがUbisoftと提携、コラボNFTアバターをリリース
掲示板大手Redditは、フランスの大手ゲーム企業Ubisoftの人気ゲーム「ラビッツ・パーティー」の主役を描いたNFTアバターをリリースしたと発表した。これらのアバターは、ユーザーが自身のプロフィールを個性的に飾るために無料で使用できる。
10:00
世界経済フォーラム、グローバルな仮想通貨規制を提案
世界経済フォーラムは、ビットコインなど仮想通貨についての国際的な規制アプローチに関する提言を発表。世界の規制機関や業界などに向けて、一連の推奨事項を提案した。
08:00
バイナンス、タイにデジタル資産取引所をローンチへ
仮想通貨取引所バイナンスは、タイで開設予定のデジタル資産取引所Gulf Binanceが、事業認可を取得したことを発表。取引所の開設は23年4Qを予定する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧