CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

取引所Binanceが発行する通貨
バイナンスコイン(BinanceCoin)はその特性上、バイナンス(Binance)の信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨です。
バイナンスコインの使い道
バイナンスは手数料が0.1%と業界最安値ですが、バイナンスコインによる取引でさらに手数料が割引されます。また、バイナンスではアルトコイン上場のための投票制度がありますが、その投票時にBNBが使われます。
バイナンスコインの将来性
取引高世界一を記録した経験があるバイナンス取引所の収益の20%が、各四半期にバイナンスコイン(BNB)の買い戻しに充てられるため、ほかの仮想通貨とは違った大きな資金の流入があることになります。

バイナンスコイン(BNB)は、取引高で世界一を記録した経験がある仮想通貨取引所のバイナンスが発行している仮想通貨です。

バイナンスコイン(BNB)は、ERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard #20)トークンの規格で作られたもので、Ethereumのブロックチェーンを使用しています。

同様に、ERC20トークンの規格で作られた仮想通貨とは、補完性があります。

昨年11月に誕生したERC20の規格は、ICOの実現が簡易にできることにも目的があり、新しくERC20トークンが作成されることにより、ICOが可能となり、資金を集めることができます。

バイナンスコイン(BNB)は、ICOを推進するバイナンスCEOのジャオ・チャンポン(趙長鵬、Changpeng Zhao)氏の方針にも、企業理念となる「我々は“全ての物”がトークン化できると信じています。」という信念にも、合致した仮想通貨となっています。

目次
  1. 業界でも格安な取引手数料は開始4年間の割引でさらにPR
  2. 2017年7月に設立した香港のバイナンス取引所は本社をケイマン諸島に設置
  3. バイナンス取引所の運営実績はバイナンスコインの高い評価にも
  4. バイナンスの繁栄は、バイナンスコイン(BNB)に相乗効果も
  5. 各四半期において買い戻しがある
  6. 今後の将来性について5つのプラス要因
  7. まとめ

業界でも格安な取引手数料は開始4年間の割引でさらにPR

バイナンスの方針により、取引手数料は、格安な0.1%となっており、業界最安値でもあります。

さらに、2017年7月25日より1年間の期間限定で、バイナンスコインを利用した取引手数料は、0.1%から50%OFF(0.05%)となります

ホワイトペーパーによれば、2年目が25%、3年目が12.5%、4年目が6.75%の割合で、規定の0.1%から割引します

5年目以降には割引がないことになり、それまでの4年間にバイナンスコイン(BNB)の価値をさらに高めていくことがバイナンスの方針となっています。

バイナンス取引所では、このバイナンスコイン(BNB)に加えて、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDT(USDT)の合計4種類を基軸通貨として取り扱っています。

2017年7月に設立した香港のバイナンス取引所は本社をケイマン諸島に設置

2017年7月に開始したバイナンス取引所は、香港を拠点としており、別のOKCoinという仮想通貨取引所の創業者であるジャオ・チャンポン氏が、創業しています。

本社は、ケイマン諸島に所在します。

この本社の移転により、中国政府のICOや仮想通貨に対する抑制的な政策に対しても、この政策の対象外にある経済特区の香港に所在するバイナンス取引所が安定的に存続しうることが、より確実視されるようにもなっています。

バイナンス取引所の運営実績はバイナンスコインの高い評価にも

バイナンス取引所が、2017年末において、世界一の取引高の達成や、バイナンスコイン(BNB)の価格の長期スパンでの上昇の推移において、成功している理由として、バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏は、長年蓄積してきた経験によるものであることを言明しています。

バイナンス取引所での取引全体において、取引量が増えることにより、技術的な妨害などのリスクが厳しくもなる中で、ジャオ・チャンポン氏は、安全性能に関しても、今後において、さらに追求していくことを公言しています。

この安全性を重視したバイナンス取引所の運営方針が支持を集めています

バイナンス取引所では、今後において、さらに多くの言語により取引ができるようにも計画しており、仮想通貨市場において今後も発展していくことが予測されています。

バイナンスの繁栄はバイナンスコイン(BNB)に相乗効果も

仮想通貨の業界において、BITCOINに象徴されているように、仮想通貨が安定的に成長していくことが実証されて実績となっていることが、一つの価格上昇の重要なポイントとされていますが、バイナンスコイン(BNB)の発行元であるバイナンスは、長年の蓄積されてきたノウハウにより、取引所においても安定的に実積を高めていくことと思われます。

バイナンスは、資産的に取り扱いやすくて、安定的で使用しやすい仮想通貨として、バイナンスコイン(BNB)を位置づけながら、分散型取引所(DEX)を将来的に想定しており、これらのことが繁栄的に実現していくことで、さらにバイナンスコイン(BNB)は、必要性などの価値を高めていくことが考えられます。

DEXについてのCoinPost関連記事はこちら↓

分散型取引所(DEX)とは?/中央集権型取引所との違いについて解説
分散型取引所(DEX)についての解説記事です。EtherDeltaや注目ICO通貨であった0x、Kyber Network等様々な分散型取引所プロジェクトについても触れていきます。

各四半期において買い戻しがある

ホワイトペーパーによれば、各四半期において、収益の20%をバイナンスコイン(BNB)の買い戻しに充てることが記載されています。

バイナンス取引所の公式サイトでは、この買い戻しの実績が公表されています。

買い戻しは、最終的に発行数の半分にあたる1億BNBまで進めることが、ホワイトペーパーに記載されており、買い戻されたバイナンスコイン(BNB)が、廃棄されることも、ここに書かれています。

世界一の取引高となるバイナンス取引所の収益の20%が、バイナンスコイン(BNB)に投資されることから、ほかの仮想通貨とは違った大きな資金の流入があることになります。

今後の将来性について5つのプラス要因

バイナンスコイン(BNB)の今後の将来性については、今まで述べてきたことなどから、いくつかのプラス要因が考えられます。

  1. 各四半期において、バイナンス取引所の大きな資金が買い戻しに動くこと。

    →価格の安定化から価格の上昇まで、作用してくることが考えられること。

    →この買い戻しの時期などに投資のタイミングを検討してみることができること。

  2. バイナンス取引所の信用性の高さにより、バイナンスコイン(BNB)の安定的な継続性を予測する利用者が、今後も増える可能性があること。

  3. 最近には、業界の話題にもなっている人気投票による上場などから、今後もバイナンス取引所の人気が上昇して、注目度も高まってくる可能性があること。

    →人気・知名度の高まりは、バイナンス取引所の利用者の増加にもつながること。

  4. 取引手数料の安さから、投資家などがバイナンスコイン(BNB)への投資機会を今後も増やしていく可能性があること。

    →開始より4年後に、割引計画が終了しても、取引手数料は、現時点で業界最安値であることから、その時期においても、ほかの銘柄に比べて、取引手数料の格安な価格圏に位置していることが予測されることから、投資家の投資機会は、あまり変化しないことも考えられます。

  5. バイナンス取引所では、コラボレーションによるバイナンスコイン(BNB)のペアでの取引ができる銘柄数も増えてきていることから、2銘柄の価値がペアになっていることによる価格の維持・上昇効果が、相乗的にもなることが考えられること。

まとめ

このようなプラスの要因を踏まえてみると、Binanceの取引所プラットフォームの成長に大きく影響を受ける通貨だと思われます。

ただし、少し懸念されているバイナンスコイン(BNB)の流通量の低下などにより、希少性が高まり、価格の過剰な高騰があった場合には、適正な価格圏まで、停滞的な値動きになる可能性も考えられます。

日本の金融庁が、現行の仮想通貨取引制度でのICOに対して、許容する姿勢にはならないところがあることから、日本国内での円建て取引などの開始は当分先になるかもしれません。

バイナンス取引所が取り扱う100以上の仮想通貨の銘柄の多さや、取引高の多さや、投票による上場、Launchpad(ICOプラットフォーム)とBinance Lab(テクノロジーインキュベーター)の新規的な推進手法などからもバイナンス取引所の運営基盤に堅実な力があると思われます。

これをバックボーンとするバイナンスコイン(BNB)には、仮想通貨が持つ特性も含めて、堅実な成長が予測できるかと思います。

※投資に関しましては、ご自身の判断・責任で行っていただきますようお願い申し上げます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧