CoinPostで今最も読まれています

リトアニア中銀、ネムブロックチェーン用いてCBDC発行 7月9日に先行予約開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リトアニアでCBDC発行

欧州バルト三国の一国 リトアニアで大胆な「CBDC発行プロジェクト」が進行中だ。中央銀行であるリトアニア銀行(Lietuvos Bankas)が発行するデジタル通貨「LBコイン」が、今月23日の正式ローンチに先立ち、来週から先行販売が開始される予定だという。

中央銀行が発行するデジタルコインであるLBコイン、実は「デジタル・コレクターコイン」として、実際の使用を目的としたものではなく、ブロックチェーン上では法定通貨としての役割は果たさない。収集し、トレードすることでコレクションを完成させ、現物版である記念銀貨と交換して初めて法定通貨として使用可能になる。

ブロックチェーンは、ネムのブロックチェーンを用いており、発表当初は新チェーンにあたるカタパルト(現シンボル)を利用すると発表されていた。

LBコインを記念銀貨に交換するには

リトアニア銀行は2万4000枚のデジタルトークンを発行するが、各トークンには1918年の独立宣言に署名した20人のうち一人の肖像画が添付されるという。トークンは、署名した歴史的人物の活動分野によって6つのカテゴリーに分けられ、1カテゴリーに対し4000枚が割り当てられる。

LBコインは、ランダムに選ばれた6枚のトークンを1セットとし、99ユーロ(約1万2000円)で販売される。同時に、1918年にちなんだ、額面19.18ユーロ(約2300円)の記念銀貨も発行されるが、法定通貨として通用するこの銀貨を手に入れるためには、6つのカテゴリーのトークンを揃えなくてはならないという。

LBコインはトークンを販売するeショップの専用ウォレットで保管することできるが、LBコインが利用しているブロックチェーンのウォレットへの送金や、贈与、トレードも可能だ。そして、トークンを揃え、銀貨と交換するためには、カードコレクションのように、他のコレクターとトレードすることが必要とされる。

出典:ネム

関連中銀のトークン発行で仮想通貨ネムのカタパルト採用事例=NEM財団理事長

LBコインの目的

リトアニア銀行が実用を主眼とせず、このような「遊び」の要素をCBDCに取り入れた背景には、ゲームに興味をもつ若年層にアピールすることだけではなく、同行がデジタル通貨の発行や利用について知識と経験を深めるという大きな目的があったようだ。

プロジェクトマネージャーであるPavel Lipnevič氏は次のように述べている。

LBコインは、実際の環境下で、一種のリテール中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する実践的な経験を積むのに役立つ。この場合、貨幣学というニッチな分野だが、中央銀行と個人ユーザーにとってはリスクが管理された『遊びの場』として機能する。

実際、これまでの過程でCBDC発行に伴う様々な法的な問題、また技術やサイバーセキュリティの面での問題を経験し、解決してきたという。

リトアニア中銀のMarius Jurgilas副総裁は、世界の金融機関でCBDCに対する関心が高まる中、LBコインがCBDCの様々な再生を試す「最も先進的で実験的な遊び場」となるのではないかと述べている。

このような背景から、LBコインが交換される記念銀貨にしても、額面よりも高価な銀で作られており、コレクターアイテムとしての面が大きく、通貨として使用することは可能だが、推奨されていない。この銀貨を手に入れるための労力と費用を考慮すると割りに合わないことは明白だ。

実際、リトアニア中銀のブロックチェーンプロジェクトの責任者は、日常的な使用を制限するため、このコインがリトアニアの店では受け入れられないような方法を考えたと述べている。

ブロックチェーンとともに新たな時代へ

リトアニア銀行は2年以上にわたって、フィンテック企業を対象としたブロックチェーン基盤のサンドボックス、「LBチェーン」の開発に携わってきた。デロイトやIBMが参加するこのサンドボックスでは、KYCや決済ソリューションをはじめとする数々の製品がテストされてきたという。

LBコインの発行は、LBチェーンプロジェクトが最終段階を迎えていることを示している。同中銀は国内のITインフラ全体でLBチェーンを利用できるよう、試験拡大を検討しているという。

1918年に独立を宣言したリトアニアは、その2年後、ソビエト連邦から独立を果たすも、1940年にはソ連に併合された歴史を持つ。そして、その50年後の1990年、ついに独立回復を宣言している。

独立回復から30年の節目にあたる今年、独立に寄与した人々を冠した中央銀行デジタル通貨を発行し、ブロックチェーンとともに新たな時代へ歩み出そうとするリトアニアの力強い姿勢に、励まされる思いだ。

参考:ロイター

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧