CoinPostで今最も読まれています

COMPなど高騰するDeFiトークンは「第2の仮想通貨バブル」か?有識者らも熱視線

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiトークンはバブルか?

直近の仮想通貨市場では、分散型金融(DeFi)プロトコルに対する投資家の熱い視線が集まっている。

その理由は、分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMPや、BalancerのガバナンストークンBALが6月に複数の取引所に上場し、セカンダリマーケットで数倍まで急騰したことにある。

COMPやBALだけでなく、既存のDeFi系トークン銘柄もここ3ヶ月で高パフォーマンスを見せており、時価総額10位内のいわゆるメジャーアルトのリターン率をはるかに凌ぐ。

仮想通貨メディアCryptoslateが統計したDeFiトークンの上昇率によれば、過去30日で最もリターンの高かった銘柄がBancorのBNTトークンで+300%以上。一方、ビットコインはその間+1.4%弱に留まった。

関連:ビットコイン先物出来高は前月比-40.3%、対照的にイーサリアム基盤市場が急拡大するワケ

そのほか、Kyber Networkや、MakerDAO、Aaveのネイティブトークも50%以上の上昇率を記録していた。統計に含まれていないChainlinkやSNXトークンも同様に好調に推移している。

出典:Cryptoslate

仮想通貨取引所FTXで取引されている「DeFiトークン指数」は、6月19日に取引開始して以来、順調に推移中。同指数はCOMPやKNC、ZRX、BNTなど11銘柄のDeFiトークンを一定の比重で組成されている。

出典:FTX

有識者の見解わかれる

短期的な急騰は、2017年のアルトバブルと彷彿とさせる。

仮想通貨格付け企業Weiss Crypto Ratingsは、「DeFiは今一番旬なトピックだが、いずれ終焉を迎え、通常の市場トレンドに落ち着くだろう」と指摘した。

また、フィンテックVCのJulien Thevenardは、各DeFiトークンのPER(株価収益率)が算出されたデータを分析し、一部のトークンが過剰評価されている可能性が高いとコメントした。

PE(株価収益率)は通常、株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用される尺度(野村証券参照)だが、Julien Thevenardはこのインジケータを参考に、COMPに見られるPER760倍やMakerのPER4360倍は、他のプロトコルと比べても過剰に膨らんでいると見ている。株市場では、S&P500などの業界標準だと平均13〜15倍のPERに留まる。

強気派の見解

バブルではなく初動だとする強気の有識者もいる。

DeFiエコシステムに詳しいVC投資家兼アナリストのAndrew Kangは1日、現在のDeFiバリュエーションについての分析を投稿。市場サイクルをもって「今はまだ、大きな成長のスタートラインを切ったところに過ぎない」としている。

強気予想の根拠には、DeFi(分散型金融)の認知度が一般的に広まっていない点や、中国人投資家がまだ注目していない点をあげている。投資や仮想通貨・ブロックチェーン知識が必要なDeFiを十分に理解した上で、実際に挑戦する投資家・トレーダーは少数派に留まる。

ビットコインの擁護派と知られるChamath Palihapitiya(Virgin Galacticの理事長)は先日、仮想通貨のジャーナリストとして知られるLaura Shinの質問に対し、「DeFiが何かすら知らない」と告白している。

いわゆる「中華マネー」が本格的に流入していないところも、バブルに到達していない理由の1つにあたるという。

Kangによると、主にシンガポールの仮想通貨ファンドや大口投資家がDeFiの火付け役となり、初期投資を行なった。しかし、より大衆的で資金力を有する中国の個人投資家はまだまだ参入しておらず、本格的な相場上昇はこれからだと予想している。

中華マネー/アジアマネーは、2017年〜2018年のアルトバブルにおける主要資金源であり、DeFiトークンのさらなる流動性向上に繋がる可能性もある。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はBTCから
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧