デジタル資産カストディ企業への大型投資に英大手金融グループが参加

デジタル資産カストディ企業への大型投資

デジタル資産カストディ機関Metaco社への1700万フラン(1800万ドル)の資金調達ラウンドへ、イギリスのスタンダード・チャータード銀行が参画したことが15日明らかになった。

今回の資金調達はシリーズAラウンドにあたり、人気の高さから募集額以上の申し込みが2度も発生。今回のラウンドで集まった資金は、アメリカや西ヨーロッパ、南アジアでのビジネス拡大に充てられるという。

資金調達を行ったMetaco社は、機関投資家向けにデジタルアセットマネジメントにまつわる総合的なサービスを提供。同社の主要プロダクトはSILOで、デジタルアセット取引システム。デジタル資産のカストディや、仮想通貨の売買仲介、アセットのトークン化などのサービスを機関投資家向けに提供している。

今回のMetacoの資金調達ラウンドについて、スタンダード・チャータード銀行ベンチャー事業責任者のAlex Manson氏は、デジタル資産を取り巻く未発展な市場インフラの向上を睨みMetacoへの投資を行った、と語った。

スタンダード・チャータード銀行のブロックチェーンに対する取り組み

同行は世界最大級のインターナショナルバンク。アジア・アフリカ・中東地域を中心にトランザクションバンキング、多国間における金利と通貨リスク管理ソリューションなどを提供している。

スタンダード・チャータード銀行はこれまでも、仮想通貨やブロックチェーン領域に積極的に関与してきた。

たとえば、R3社が主導する貿易金融プラットフォームのボルトロン(Voltron)に同行は立ち上げから参画している。19年8月にVoltronを活用し、石油業界で国際信用状(LC)取引の試験に成功。今年5月には人民元を使った初めてのブロックチェーンベースの国際信用状(LC)取引を実施した。

国際信用状とは、貿易決済で利用される支払い確約書のことで、遠隔地間での取引において買い手が確実に支払いするかどうかを確証できる。

貿易領域に限らず、同行は19年11月からはイーサリアム企業連合(EEA)にも加盟し、イーサリアムブロックチェーンの銀行セクターへの応用を推進している。

同行の昨年度収益はおよそ154億2000万ドルだが、今回のMetacoラウンドにおける出資額がいくらなのか、同行は明らかにしていない。

金融機関によるデジタル資産の市場形成に期待が高まりそうだ。

Standard Chartered Participates in Jammed $18M Round for Crypto Custodian


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用