中国人民銀行、金融分野ブロックチェーンの審査基準を初発表へ

ブロックチェーン金融アプリに詳細な評価基準

中国人民銀行(中央銀行)が、「ブロックチェーン技術による金融アプリケーション」の詳細で、包括的な評価基準を初めて定めたことが分かった。

ブロックチェーンと金融アプリケーションを、技術要素、パフォーマンス、セキュリティという3つの側面から評価するものとなる。

技術要素の評価では、台帳テクノロジー、コンセンサス合意、スマートコントラクト、ノードコミュニケーションなど10の側面に分類し、プロジェクトの実装のすべての側面を詳細に規定する。

パフォーマンスに関しては、スループット(単位時間当たりの処理能力)と同期に関して明確な要件が提示された。セキュリティは特に重要視されており、 評価基準は、基本的なソフトウェアとハ​​ードウェア、プライバシー保護、運用と保守など、情報システムに付随する問題をカバーするだけではなく、コンセンサスプロトコル、スマートコントラクト、および元帳データに関する特定の要件も提示する。

評価結果は「適合」「不適合」「該当なし」の3つのレベルに分類。その中でも、ユーザーに直接または間接的に損害を与えるもの、当局の管理基準から外れるものは「不適合」と判断される。

中国コンピュータ協会のブロックチェーン委員、夏平は現地メディアに対して次のように話した。

これは、金融システムにおけるブロックチェーンシステムとアプリケーションのトップレベルの設計であり、その影響は金融業界自体をはるかに超えている。

今回の基準は、金融分野のブロックチェーンの開発に高水準、厳格な基準をもたらすものであるが、そのことは長期的にブロックチェーン業界全体の健全な開発に繋がるという。評価基準は、銀行、証券会社、資産管理会社、保険、支払い業界など、フィンテックに関連するあらゆる金融サービスドメインに適用される。

現在、ブロックチェーンベースの金融アプリケーションを展開している国営銀行やハイテク大手など、中国には70以上の金融サービス企業が存在しており、基準はそれらすべてに適用される見込みだ。

中国人民銀行は、今回ブロックチェーンを「複数の当事者によって共同で維持され、暗号化を使用して送信を確保するもので、データの一貫性、改ざん防止耐性、文書有効性の否認防止を実現できるもの」と規定した。

国際的な展開も狙う中国発のブロックチェーン基盤

中国は国際的な展開も目指しながら、ブロックチェーン構想を着々と実現させている。

今月、国家ブロックチェーンインフラプロジェクト「BSN(Blockchain-Based Services Network)」が、6種類のパブリックブロックチェーンを統合することが判明。

イーサリアム、イオス、テゾス、Nervos、ネオ、IRISnetが8月10日より始動するBSNの海外版「BSN International Portal」に組み込まれる。

これらの開発者は、BSNが海外に設置するデータセンターなどのリソースを活用して、dApps(分散型アプリケーション)の開発が可能となる。BSN自体はブロックチェーン・プロトコルではなく、様々なブロックチェーンを組み合わせて使用するインフラプラットフォームだ。

関連:中国国家ブロックチェーン構想、6種類のパブリックチェーンを統合へ イーサリアムやテゾスなどが対象

様々な業界で業務効率化を図る

また国内においてもブロックチェーンによる社会システム効率化が進められている。

北京政府は、今後二年間の「ブロックチェーン都市構想」を発表。支援しているブロックチェーンのユースケースとして、金融サービスのサプライチェーン、企業のオンラインID認証システム、不動産の登録、企業登録、医療に関する記録や医療保険の払い戻しなどがある。

企業における事務手続きをブロックチェーンに移すことで、年間10万以上のオフィスワークを省くことを目指すという。この大規模な試みが中国の経済をどのように促進することになるのか注目される。

関連:中国・北京政府が2年間の「ブロックチェーン都市構想」発表、中華銘柄ドラゴン指数に思惑も


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します