SBI北尾代表:コンソーシアムを率いるR3社との合弁会社設立を提案

SBIグループ代表がR3に対して合弁会社の設立を提案
3月7日に東京で行われたCordaのイベントで、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業である「R3」社に対して合弁会社設立を提案しました。まだ提案ベースの話ではありますが、今回の件が実現すれば、SBIグループの次世代金融プラットフォームとしての地位を更に高める事になります。

2018年3月7日(水)に東京で行われた「CordaCon Tokyo 2018」にて、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業であるR3社に対して、合弁会社の設立を提案しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

SBIとR3

会場のスライド紹介では、「日本を事業対象として、R3の分散金融技術を活用したソリューションを提供することを目的」としており、SBIグループが日本で設立した「内外為替一元化コンソーシアム」において、国内外の送金以外の金融およびその他業務で、R3・Cordaのプロモーションを行う旨についても言及されました。

あくまでSBI北尾代表からの提案であり、現時点での決定事項ではありませんが、今回の発言が実現した場合、次世代金融プラットフォームとしての地位をさらに高めるものとなる事が予想されます。

「CordaCon Tokyo」と同日開催されていた「内外為替一元化コンソーシアム」では、スマートフォンの送金アプリ「Money Tap」の提供を発表するなど、フィンテック関連で話題の中心にいるSBIが、今後どのような展開をしていくのか目が離せません。

CoinPostの参考記事

SBI主導:Ripple技術を利用したスマホ向け送金アプリMoneyTapを商用化へ
SBIグループが事務局を務め、メガバンクを始めとする邦銀61行が加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、米Ripple(リップル)社のxCurrentを実装した商用版:RCクラウド 2.0に接続した、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供。銀行でもサービス対応するとしています。

R3(コンソーシアム)とは

R3社は、ブロックチェーン関連技術(分散台帳技術/DLT:Distributed Ledger Technology)に強みを持つ、アメリカのスタートアップ企業です。

ブロックチェーンシステムを利用して、金融機関のコスト削減システムを作ることを目的としたコンソーシアムを主導しており、同コンソーシアムには世界の名だたる銀行が名を連ね、日本の3メガバンク(みずほ、UFJ、三井住友銀行)も参加しています。

R3とリップル社の関係性について

内外為替一元化コンソーシアムを主導するSBI Ripple Asiaは、SBIとRipple社が戦略的提携を行なって設立されています。

しかし2018年1月、Ripple社がR3社に対し「悪意のある取引に署名した」として反訴提出を行うなど、訴訟事件へと発展した経緯があります。

今回はSBI北尾代表の提案ですが、この2社の関係性に関する進展も今後注目されるでしょう。

CoinPostの参考記事

リップル社がニューヨーク州立裁判所にR3社への反訴を提出
R3コンソーシアムが不当な取引に署名したとして、リップル社はニューヨーク州立裁判所に反訴を提出しました。反訴では、R3はRipple社との合意を取り付けるためにR3のリソースと実行可能性を偽っていたと主張しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加