CoinPostで今最も読まれています

「スパム取引が原因の一つ」イーサリアム手数料高騰について新たな分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiにおけるスパム取引が手数料牽引か

イーサリアムネットワークが渋滞し手数料が上がる原因について、DeFi(分散型金融)におけるスパム取引が原因との指摘がなされた。

5月以降、イーサリアムの平均手数料は増加し続けており、約8倍にもなっている。その原因としてDeFi市場の成長の影響が大きな要因と考えられてきたが、新たな視点からの分析といえる。

ブロックチェーン技術企業Certus Oneの共同創設者Hendrik Hofstadtによると、過去半年、イーサリアムの人気クライアントソフトGeth(go-ethereum)の構造上の癖を利用し、トレード収益を上げる行為が盛んだという。

イーサリアム取引キューをモニターするボットが利用されており、このボットはUniswapなどDeFiプラットフォームで大規模な取引が行われた際に、即座に注文を出すことで価格変動を利用するのだ。

イーサリアム開発者Philippe Castonguayの大まかなモデリングによると、2018年4月以降、約599万ドル(6.3億円)のガス料金がこうした「バックラン」と呼ばれるスパム取引の実行に使用されていた。

DuneAnalytics

特に、コロナ禍に伴い仮想通貨市場も暴落した3月12日以降に多く行われていることが分かる。

スパム取引は、ネットワーク上で他のトランザクションを停滞させ、すべてのユーザーの手数料を引き上げることに繋がってしまう。

Hendrik HofstadtによるとGethの開発チームは、トランザクションがメモリープールに追加された時間順にソートされるよう変更を行ったという。従来はランダムにソートが行われていた。これにより、「バックラン」取引を減らすことが見込まれる。

DeFi市場の拡大も要因

手数料上昇の原因としてはDeFi市場の活発化も従来から指摘されている。

ArcaneResearch

リサーチ企業Arcaneによって収集されたデータによると、イーサリアムの取引手数料は7月25日時点で、過去2年間で最高額の180万ドル(約1.9億円)を記録、手数料の中央値は0.72ドルで、4月の中央値の約10倍となった。

イーサリアムの価格上昇に伴って多くのトレーダーが市場に戻り、特にDeFiで活動を増加させたことが背景にあるとみられる。

DeFiにロックされている資産総額は過去2か月で約2.3倍増加。特にステーブルコインDAIを発行することができる「Maker」、資金の短期貸借を行う「Compound」、自動ポートフォリオ管理を行う「Balancer」などのプロジェクトに多くの資産が預け入れられた。

ヴィタリックはDeFiのリスクを指摘

興隆するDeFi市場だが、イーサリアム創設者ヴィタリック・ブテリンは、イーサリアム5周年インタビューの中でDeFiがもたらす手数料高騰以外のリスクについても語っていた。

例えば米ドル建てステーブルコインのUSDTを「Compound」のような貸借プロトコルに預けた方が、銀行に米ドルを預けるより高い金利が得られる状況がある。しかしDeFiは歴史が浅く、業界の努力に関わらず、まだ銀行など伝統的金融機関よりもシステム破綻のリスクが高いという。

また、レンディングサービスなどに仮想通貨を預けることで、可能な限り多くの金利収入を得ようとする「イールドファーミング」についても、「一度誘引が無くなれば、利回りは容易く0%近くまで落ちる」もので持続的ではないとした。

関連:イーサリアム共同創業者ヴィタリック「人々はDeFiのリスクを過小評価している」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア