ゴールドマンサックス、独自トークン発行を検討=報道

ゴールドマンサックスの動向

米メガバンクのゴールドマンサックスが法定通貨を裏付けとする独自トークンの開発を検討していることがわかった。

ゴールドマンサックスの仮想通貨やブロックチェーン等の開発・研究を行うデジタルアセット部門で、グローバル責任者を務めるMatthew McDermott氏がCNBCの取材に応じ、独自の法定通貨にペッグ(裏付けられる)するトークンの商用化を検討していると明かした。計画は、「初期段階にある」と説明している。

米国の銀行では、JPモルガンが独自ステーブルコイン「JPMコイン」を発表しており、同行もブロックチェーンの商用化に関連する事業に乗り出していた。デジタルアセット事業を強化する目的で、「JPMコイン」のプロジェクトに携わってきたOli Harris氏をデジタルアセット部門の役員として起用するなど、人事戦略も明らかになっている。

McDermott氏は取材で、トークンに限らず、ブロックチェーンは伝統金融市場の非効率な課題改善にも有効だとした上で、証券やレポ市場は「新たなスタンダード」になる時期が近づいているとの見解を示している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。