ビットコインキャッシュ(BCH)、10%高の背景は「通貨分裂騒動」

BCH再び分裂の可能性

7日の仮想通貨市場で、ビットコインキャッシュ(BCH)の騰落率が一際目立っている。BCH/JPYは前日比3.1万円(10%)高いの3.4万円で推移した。

高騰の背景にあるのは、ネットワークアップグレードの発表と「通貨分裂問題」だ。一部では、新通貨付与への思惑が強まった。

通貨分裂とアップグレード

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)で、現ハッシュレートシェア3位に位置する大手マイニングプールViaBTCのHaipo Yang CEOは6日、既存のBCHを分裂し、新たにBitcoin Cat(仮称、BCC)プロジェクトを開始する意向をSNSで伝えた。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin ABC)は6日、11月15日のネットワークアップグレード予定を発表したが、Bitcoin Catは同アップグレードを実装せず、既存のビットコインキャッシュのブロックチェーン環境を維持すると説明している。

アップグレードでは、主に2つの改善案が実装される予定で、1つ目がディフィカルティ調整のアルゴリズムの変更、2つ目はコインベースルールの追加が含まれている。

通貨分裂?

ビットコインキャッシュの通貨分裂と聞くと、2017年8月のビットコインからのハードフォークや、2018年11月にハードフォークで誕生した2つの新通貨、BCH(Bitcoin ABC)とBSV(ビットコインSV)の間で起きていたハッシュ戦争を思い浮かべる人も多いだろう。業界コミュニティにとっても、重要なターニングポイントとして認識される出来事だ。

過去の事例から、突然の通貨分裂発表(6日)が判明したことで、市場の警戒感も高まった。BCHのリードデベロッパーAmaury SéchetはYangの意向を受け、「これは不運なことだ。不満を抱える一部の人が戦争が仕掛けるタイミングでもおかしくない。自由を求めるのであれば、それを阻止しなければならない」などとコメントした。

状況が変化したのは、Yang氏が発表した追加声明だ。今回の分裂で「コミュニティ戦争」を引き起こすつもりはないとして、「Cat(猫)は可愛いし、無害である。戦争は起こらない」と弁明してみせた。

その上で、「ビットコインキャッシュのコミュニティには新しいリーダーたちが必要だ。ビットコインキャッシュが好きな人たちは、Catの開発へ歓迎したい」とコメントしている。

なぜViaBTCは分裂したいのか

Haipo YangがBitcoin Catという新たな銘柄を作ろうと試みる背景には、Bitcoin ABCが推し進める「開発者ファンドへの充当」の提案が関連するとされる。

Bitcoin ABCが発表した11月15日のアップグレードに含まれる「コインベースルールの追加」の項目は、主に「開発者ファンドへの充当」に関する内容で、「すべての新規採掘のブロックが8%の新規生成コインを1つの特定アドレスに充てるアウトプットを含める必要がある」と設定した項目が含まれている。

「開発者ファンドへの充当」は、マイニング報酬の一部を開発者へ還元する仕組みのことで、利益分が減るとして、これまでも反発を強めるマイナーが出ていた。

Yangも、今回の実装予定の提案に対して懸念を示す人物の一人で、特に仕組みを支える管理方法への反発を強めているという。

ビットコインキャッシュには、優れたガバナンスメカニズムが欠如しているため、混乱に直面しているわけだ。

開発者ファンド(IFP)は、しっかりとした財団や意思決定プロセスがあればビットコインキャッシュにとってプラスなことだが、Bitcoin ABCだけの管理では改善は見込めないだろう。

Haipo Yang

今回のBitcoin Catへの分裂について、ビットコインキャッシュの大手マイニングプール(5番目)のBTC.TOPのJiang Zhuoer CEOも「敵対フォークではなく、キャンディコインだ」とコメント。BTC.TOPの方針として、Bitcoin ABCの実装に従うと声明を発表している。

なお、11月15日のアップグレードはブロック高ではなく、日にちを基準として実装されるため、ブロックの進行状況に応じた日程変更は行われない。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します