全米で仮想通貨ビットコインのテレビCMが放映開始

グレースケールのCMが放映開始

米大手仮想通貨(暗号資産)投資ファンド「グレースケール」が、全米でテレビCMの放映を開始した。まずは、CNBCで放映され、その後、MSNBC、FOX、FOX Businessと大手メディアで流れる予定だ。

30秒間のCMでは、貨幣がどのように進化してきたかを描き、コロナ禍の経済対策に伴うインフレ政策に言及、「だからこそ、デジタル通貨の時代がきた」と、ビットコイン投資信託(グレースケール)の存在をアピールした。

グレースケールは2019年にも、「#DropGoldキャンペーン」の一環として全米でCMを放送。こちらでは、「ゴールドではなく仮想通貨をポートフォリオに」とデジタルゴールドとしてのビットコインを表現した。

一方の今回のCMでは、同社が取り扱う金融商品「ビットコイン等の投資信託」に触れる程度で、直接的に「ビットコイン(BTC)」のワードを使わずにデジタル通貨への関心の高まりを表現している。

関連米投資会社のテレビCMが全米で放送開始

このことについてグレースケールの担当者はTheBlockに対し、「今回のCMではBTCのような特定の銘柄ではなく、デジタル通貨と当社のブランドにフォーカスした」と説明している。

グレースケールはBTC以外にも様々な銘柄の金融商品を扱っている。先月にはビットコインキャッシュとライトコインの2銘柄の投資信託が規制当局の承認を受け、OTC市場で取引できるようになった。

また今月には米証券取引委員会(SEC)に、イーサリアム投資信託の登録申請を行った。今まではSECに登録する必要のない私募形式で提供してきたが、機関投資家需要の拡大を目的に、イーサリアム投資信託の分野でも規模拡大を目指し動き始めている。

関連グレースケール、イーサリアム投資信託をSECに登録申請


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。