CoinPostで今最も読まれています

リップル社のXRP買いの新方針について 取材内容と回答

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社からの回答

リップル社はQ2(4〜6月)の最新報告書で、セカンダリー市場(取引所等)を通じて、仮想通貨XRPを購入する方針を取っていることを初めて明かした。

報告書では、購入額などの具体的な詳細は明かしていないが、「健全なXRP市場を確保するために、リップル社は流動性プロセスで責任のある役割を担っている」と説明されている。

CoinPostは新たな方針を受け、リップル社側に、セカンダリー市場でのXRP購入について詳しい説明を求めた。

取材に対しリップル社は、「セカンダリー市場でのバイヤー(購入側)として、今後も市場価格で購入を続ける可能性はある。しかし、現時点では、リップルの2020年第2四半期のXRP市場レポートで発表している内容以外、情報を開示することはできない」と回答。

今後も方針は継続する可能性を示唆しつつも、具体的な内容には言及しなかった。

関連リップル社CTO独占インタビュー「仮想通貨XRPの流動性、金融機関との関係について」|XMJ2019

ODL向上の背景に関して

また、同報告書では、ODL(On-Demand Liquidity:旧xRapid)のトランザクション高はQ2で、リップルネットの全体トランザクション高の20%近くを占めるようになったことも報告された。「2019年上半期に比べ、2020年上半期のODLトランザクション高は11倍の成長を記録した」とした。

この点について、リップル社は、現在の背景を以下の様に回答した。

新型コロナの世界的感染により、消費者の行動が非接触型の決済方法へと移行したことで、デジタル決済はますます重要な役割を果たすようになり、企業は運営の維持や、全体的なコストの削減に大きな課題を持っている。

ウエスタンユニオンとマネーグラム・インターナショナルは、デジタル決済が40%も増加したと報告している。

現時点のリップルネットを利用するメリットに関しては。

リップルでは、リップルネットに参加することで、送金に関する3つの重要な問題を解決することができる。1つ目は送金速度が速く正確に送金を完了できること、2つ目は流動性リスクの把握と管理、3つ目は異なるネットワーク間での接続ルールの標準化だ。

リップルネットに参加している金融機関は、リップルの技術を活用し、送金側と受け取り側の銀行取引において、リアルタイムでお互いの決済情報を即座にやり取りし、失敗することなく送金を完了することができる。

SWIFTよりも早く、安く、透明性が高い送金を実現できるが、企業は世界中の銀行に資本を保有する必要があり、これが送金時に平均7%の手数料が発生する主な原因となっている。リップルのお客様は、国際口座の事前資金調達に起因するボラティリティの課題に対して、暗号通貨であるXRPを活用して緩和し、事前に必要とされていた資本を解放し、最も競争力のある為替レートが保証された送金を可能にするリップルネットのオンデマンド流動性(ODL)のメリットを実感している。

具体例については。

例えば、ヨーロッパを代表するデジタル送金サービスのAzimoは、デジタル資産XRPを活用することで、送金先の国で事前資金調達の必要性を排除し、流動性コストを最大60%削減しながら、リアルタイムの国際送金を可能にした。彼らは流動性を30~50%削減し、そのコスト削減分を家族に送金している海外フィリピン人労働者(OFW)に還元することができた。

ーリップル社

関連『XRPの利用拡大とデジタル通貨の流れ』アフタービットコイン中島先生が語る|XMJ2019

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧