チューダー・ジョーンズも評価するビットコインの価値とは=グレースケール

ビットコインの価値とは

米大手仮想通貨(暗号資産)ファンドのグレースケールが、ビットコイン(BTC)の価値を評価する最新レポートを公開した。

現在BTCの重要性が高まっている理由をグラフを用いて説明。前例のない量的緩和など、コロナ禍で大規模な金融政策が行われている経済状況が続けば、供給量の定まっているBTCは、価値の保存手段として今後も世界の投資家から注目を集めると結論付けている。

グレースケールは、多くの投資家がBTCの価値を判断するために信頼性の高い手段を求めているため、今回のレポートを作成したと説明。現在のBTCの役割を理解するには50年の金融の歴史を振り返るべきだとの考えのもと、BTCだけでなく、GDP(国内総生産)や米国の債務、米連邦準備理事会(FRB)のバランスシートなど、様々なデータを活用してBTCの価値を評価している。

その上で、世界的にインフレが加速する場合は、BTCのように供給量に上限のある資産に対する需要が高まると説明。そして、その供給量が中央集権的に管理していないことも優位性として指摘し、インフレヘッジ手段としても適していると主張した。

関連「インフレ局面のビットコイン上昇論はミスリードだ」Bitfinexの元ランキング1位が指摘

ポール・チューダー・ジョーンズの評価

またグレースケールは今回のレポートで、ヘッジ・ファンド業界のベテラン投資家ポール・チューダー・ジョーンズに関するデータを引用。5月にジョーンズが個人のポートフォリオでもBTCに投資をしていることが明らかになった時は、業界で注目を集めた。

関連BTCの未来 コロナ禍で投資したチューダー・ジョーンズの影響力

以下のグラフは5月にジョーンズが投資家に宛てた書簡の中で用いたものだ。価値の保存手段として購買力、信頼性、流動性、可搬性の4点を評価。スコアをつけて金融資産、現金、ゴールド、BTCを比較している。

ジョーンズは書簡の中で、BTCの点数(Total Score)が最も低いことには驚かないと主張。点数と時価総額の差に注目し、以下のように説明している。

 

BTCのスコアは金融資産の約60%だが、時価総額は1200分の1。またスコアはゴールドの66%なのに、時価総額は60分の1だ。

何か間違っているように思えるが、私はそれは価格だと考える。

この観点からグレースケールは、このデータは本来BTCの時価総額がもっと高いことを示唆していると説明した。

これ以外にグレースケールは1年から3年の期間に動いていないBTCの量が、直近90日間に動いたBTCの量に比較して増えていることを示すグラフ、ストックフロー比率(S2F)を用いた価格予想のグラフなど、様々なデータを掲載。

*動かされないビットコイン

出典:グレースケール

*ストックフロー比率

出典:グレースケール

*取引所のビットコイン残高

出典:グレースケール

今回の分析で、現在の市場構造は仮想通貨バブル前の2016年初期に類似していると論じている。最後の結論では、このレポートを活用すれば、投資家はBTCのネットワークの成長を測ることができ、BTCの価値を自信を持って判断することができると結んだ。

参考:グレースケール


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します