世界初の仮想通貨ETF実現、ナスダックとブラジルファンドが提携

バミューダの仮想通貨ETF

ブラジルのファンド企業Hashdexが米ナスダックと提携し発行する仮想通貨ETF(上場投資信託)がバミューダ証券取引所(BSX)で取引される予定だ。世界初で仮想通貨(ビットコイン等)ETFが実現する。

バミューダ証券取引所は18日に、「Hashdex Nasdaq Crypto Index」という仮想通貨ETFの上場承認を発表。300万株(Class E)の発行が予定されるという。

地元メディアInfomoneyによると、このETFは年内に取引が開始する。Hashdexはバミューダの暗号資産(仮想通貨)規制環境がより友好的であるため、同国でのローンチを決めたという。

Hashdexの責任者Marcelo Sampaioはブラジル紙Ogloboに対し、当ETFのローンチは機関投資家の参入を促進し得るとコメントした。

Hashdexは仮想通貨を含む約4700万ドルに相当する資産を運用しており、仮想通貨のカストディにはXapoやKingdom Trustなどの大手を利用している。

ビットコインETFはこれまで米国を中心に申請が行われていたが、米SECはすべての申請を非承認した。価格操縦やカストディサービスの欠如など業界のいくつかの問題点を指摘してきた。

参考:bsx.com


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します