仮想通貨取引所TAOTAOがSBI傘下に、Zホールディングスグループから全株譲渡

TAOTAOがSBIグループ入り

仮想通貨取引所TAOTAOを運営するTaoTao株式会社は7日、Zホールディングスグループの「Zコーポレーション」の出資を受け事業展開してきたなかで、発行済全株式をSBIリクイディティ・マーケット株式会社に譲渡し、SBILMの完全子会社となることを発表した。

SBIリクイディティ・マーケット株式会社は、東証一部上場企業「SBIホールディングス」の100%子会社で、外国為替証拠金取引等のマーケット機能の提供・システム開発を行う。

TAOTAOはプレスリリースで、以下のように述べた。

暗号資産領域においてより大きな事業展開を行うべく、パートナーシップを含めて事業の在り方を検討した結果、暗号資産取引を含めたオンライン金融サービス全般に豊富なノウハウ・知見等の経営資源を保有するSBIグループの一員であるSBILMと新たなパートナーシップを結ぶことに合意した。

【株式譲渡日】

2020年10月7日(水)

【変更前株主】

Zファンド1号投資事業有限責任組合(100%)

【変更後株主】

SBIリクイディティ・マーケット株式会社(100%)


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します