CoinPostで今最も読まれています

CeFi最大手バイナンス、DeFiへのアプローチもアグレシッブに

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスのDeFiアプローチ

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのCEO CZ氏がブロックチェーンイベント「LA Blockchain Summit」に登壇し、自社のDeFiセクターへのアプローチやDeFiの今後に対する展望を語った。

関連DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

イベントで、CZ氏はロイターのAnna Irreraレポーターの取材を受け、分散型金融(DeFi)が将来、伝統的な中央集権型金融(CeFi)に取って代わり得ると見ており、バイナンスとしても中央集権型取引所に留まらないといった意向を伝えた。

今年の7月〜8月にかけて、イールドファーミングをはじめとするDeFiセクターは相場を賑わせ、多くの中央集権型取引所がDeFi関連銘柄を新規上場させていた。新規上場だけでなく、独自のプラットフォームでも、イールドファーミングを開始したのは、バイナンスなどの大手グローバル取引所に限られる。また、人気AMMのUniswapなどのDEXと競争するために、独自の自動マーケットメーカー「Binance Liquid Swap(BSwap)」もローンチした。

イールドファーミングとは、需給バランスによって常に変化する利率に応じて流動性の提供先を変え、最も大きなリターンを得る取り組みのこと。

流動性マイニングはイールドファーミングを行う人達を惹き付けるために、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークン(ガバナンスへの参加権を表現するトークン)が付与されることを指す。

このように、常に業界トレンドの最先端に立つバイナンスの戦略について、CZ氏は大手動画配信サービスのNetflix社に喩えて説明を行なった。

我々の見解では、中央集権型取引所はDVDを郵便で貸していた時のNetflixに当たる。

当然、これは最終目的ではない。業界の変遷に合わせ、いつまでも中央集権型取引所でいる必要はない。イノベーションのほうに力を入れていきたい。

ーCZ氏

Netflixの2019年の年間有料会員は61,043,000人(米国データ)だったが、DVDの郵送サービスを利用していたのは、有料会員全体のわずか5%に留まった。

また、CZ氏は写真用品大手メーカーKodak(コダック)がフィルムのデジタル化の波に乗り遅れたことを教訓に、既存の取引所ビジネスモデルに固執しない態度を示した。Kodakは2000年代以降のフィルム市場の急激な衰退にともない、2012年に会社が経営破綻に至った。

一方、イノベーションを追求する過程の中で、失敗の可能性もあるとした。「最近は多くの新興DeFi関連トークンを上場させているが、多くのプロジェクトが失敗を終える可能性もあるだろう。しかし、一部の堅実なものだけは生き残れる」、とも語った。

関連高い投機性のDeFi(分散型金融)ブーム、中国市場から読み解く新たな風潮

参考:LA Blockchain Summit

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/30 土曜日
19:23
a16zが物理製品×NFTドロップのIYKに出資-web3資金調達まとめ
過去1週間にWeb3プロジェクト12社が計約90億円を調達。NFTドロップを実現するNFCチップ提供の「IYK」はa16zらから23億円を集めた。アディダス「NFT NYC 2023限定シャツリリース」の実績を有すIYKは、個人サービス向けサービス基盤をリリース。
15:33
米サークル社がステーブルコインの「非証券性」を主張、SEC対バイナンス訴訟めぐり
米サークル社は28日、バイナンス対SECの訴訟で書面を提出。決済用ステーブルコイン自体は証券ではないとの見解を述べた。
15:17
米Circle、ステーブルコイン運用基盤を無償公開
ステーブルコイン発行の米Circleは、「Perimeter Protocol」をオープンソース化した。リアルワールドアセットのトークン化の需要増加に対応し、USDCのユースケース拡大を狙う。
10:45
スリーアローズ破綻に進展、Zhu氏をシンガポールで逮捕
破綻した仮想通貨ヘッジファンド3AC共同創設者の一人Su Zhu氏はシンガポールで逮捕された。清算人の調査に協力しなかったことで懲役刑となる。
10:05
グーグルクラウド、Polygonバリデーターに参加
Google Cloudが、Polygonのバリデーターとして参加していることがわかった。同社は今年4月からPolygon Labsと「継続的な戦略的協力関係」を維持している。Google Cloud APACは、関連するYouTube動画を公開した。
08:25
SBI、XDC Network運営企業と合弁会社設立へ
SBIホールディングスは、UAE拠点のTradeFinexと日本における合弁会社の設立について基本合意した。仮想通貨XDCの上場を望む取引所のサポートなど、新会社の事業を説明している。
09/29 金曜日
18:24
世界のゲーム企業時価総額トップ40企業のうち、29社がWeb3分野を模索
時価総額上位40のゲーム会社の中で、29社がWeb3分野を模索している。NFTゲームの開発を進めているNexon、バンダイナムコ、コナミ、Krafton、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフトの7社を中心に動向をまとめた。
16:53
米決済大手PayPal、NFTの購入・送信システムで特許出願
米決済大手PayPalは、NFTの購入・送信システムに関する特許を米国特許商標庁に申請している。オフチェーン取引機能などを備えるものだ。
13:56
BISと各国中央銀行、CBDC取引の実証実験成功
国際決済銀行は、フランス、シンガポールおよびスイスの中央銀行とともに行った、ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)のクロスボーダー取引および決済の実験に成功したと発表した。
13:00
米コインベース、米国外のリテールユーザーに無期限先物サービス提供へ
米大手仮想通貨取引所コインベースは、バミューダ金融庁から米国外のリテールユーザー向けに無期限先物を提供するライセンスを得たと発表した。
12:53
ビットコインやや反発、MakerDAO(MKR)前月比50.0%高の背景は
暗号資産(仮想通貨)相場では米株指数の反発の影響もありビットコインが反発。アルト市場ではMakerDAO(MKR)が前月比50.0%高となり年初来高値を更新した。
12:00
アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostは、アジア最大級のWeb3国際カンファレンス「WebX 2024」の開催を発表した。第2回は、ザ・プリンスパークタワー東京で行われる。
11:38
FTX Japanが自動資産証明を導入
FTX Japan株式会社のセス・メラメドCOO、顧客から預かった資産の保全状況を証明するため、新機能「Proof of Solvency」を導入したと発表した。取引所の残高が預かり資産を上回っていることを、改ざん不可能で検証可能な方法で証明する。
10:26
イーサリアムのテストネット「Holesky」起動
仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンについて、新たなテストネット「Holesky(ホレスキー)」が起動した。次期ハードフォークDencunに向けた重要なステップであり、開発計画の進展につながる動きだ。
09:00
米SEC、イーサリアム先物ETFを初承認
米SECは、仮想通貨運用企業Valkyrieがイーサリアムの先物に投資するETFを提供することを承認したことがわかった。ビットコイン先物ETFに組み込むとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/10/19 14:00 ~ 16:00
東京 東京都渋谷区
2023/10/28 14:00 ~ 17:00
東京 東京都中央区
重要指標
一覧
新着指標
一覧