CoinPostで今最も読まれています

BitMEXやアーサー・ヘイズらに新たな訴訟事例 マネロンや相場操縦などを指摘

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitMEXに新たな訴訟事例

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXや同社のアーサー・ヘイズ元CEOらに対し、新たな訴訟が提起された。

米カリフォルニア州の地裁によると、ロシアのモスクワ在住の原告(個人)が、被告はマネーロンダリングや相場操縦など複数の違法行為を行ったと訴えている。

BitMEXやヘイズらは今月、「米国法逃れ」を指摘され、米司法省(DOJ)と米商品先物取引委員会(CFTC)に告発されたばかりだ。マネロン対策(AML)や本人確認(KYC)などに関するCFTCのルールを守らず、またヘイズを含む4名は銀行秘密法(BSA)にも違反したとDOJから訴えられた。

関連BitMEXの「米国法逃れ」で逮捕事例、何があったのか──ビットコイン下落要因に

この告発の後、BitMEXではヘイズらが退任。CEOに元COOのVivien Khooを任命し、新体制下での事業をスタートしている。

関連BitMEXがリスタート──米告発も新体制下で新たな仮想通貨取引商品を提供

今回の新たな訴訟で原告は、被告はKYCやAMLに必要な手続きを行わず、全ての人から無制限の資金を受け入れたと指摘。充分な監督を怠ったため、ハッキング、脱税、マネロン、密輸、麻薬取引にBitMEXが利用されたとも主張している。

またBitMEXが相場操縦で金銭的な利益を得ていたとも指摘。相場操縦の手口については、以下のように説明している。

  • 被告は相場操縦を行うアカウントと利益を得るアカウントの2種類を開設していた。
  • 利益を得るアカウントはBitMEXに開設。相場操縦用のアカウントは、1つまたは複数に取引所に作り、コインベースPro、クラーケン、BitStampを基にした価格指標を操作するために利用していた。
  • その上でBitMEXで高いレバレッジで注文を行い、即座に相場操縦用アカウントでスリッページを最大にして成行注文を実行。
  • それによって価格指標を自分たちに都合がいいように動かしていた。

原告の弁護士は仮想通貨メディアTheBlockに対し、「我々は裁判で立証される補償的損害賠償と5000万ドル(約53億円)の懲罰的損害賠償を求める」と説明している。

5月の訴訟

BitMEXやヘイズらは、今年5月にも同様の内容で提訴されている。

この時に訴訟を起こしたのは「Bitcoin Manupulation Abatement LLC(ビットコインの価格操作を減らすカンパニー)」という企業。この時もマネロンや相場操縦などの問題が指摘された。

BitMEXは米国で送金事業ライセンスを持たずに運営を行い、「1日あたり30億ドル(約3160億円)に及ぶ資金を転送させていた」などと主張。30億ドルは米国史上最大規模のマネロンの記録としている。

関連BitMEX、巨額マネロンや相場操縦で新たな訴訟に

コメントしてBTCを貰おう
記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
仮想通貨融資企業BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧