CoinPostで今最も読まれています

DeFi最大手Uniswapで初のガバナンス投票、賛成多数も結果的に否決した理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Uniswap初のガバナンス投票結果

先月独自のガバナンストークン「UNI」をローンチした、暗号資産(仮想通貨)分散型取引所大手のUniswapで、初めての提案に対するガバナンス投票が行われ、その結果が明らかになった。

厳密には異なるが、投票を以てトークンステークホルダーの総意を反映する民主主義による意思決定は、「株主総会」のような性質を持つ。

結果は、賛成3959万6759票に対し、反対69万6857票。提案を支持する票が圧倒的に多かった(98.2%)のだが、最終的に否決となった。その理由は、提案が承認されるのに必要条件とされた「4000万票」にあと一歩届かなかったためだ。その差は約40万票、つまり可決に必要な獲得票数の1%の差で命運が分かれたことになる。

否決された提案の内容

皮肉なことに、今回の投票で否決された提案は、提案提出と投票の定足数の閾値を下げる可否を問う内容だった。提案したのは、大手分散型P2Pレンディングマーケット「Dharma」で、幅広いユーザー層がガバナンスに参加できるようにすることで、ガバナンスの活発化を図るためだと主張していた。

現在のUniswapのガバナンスシステムでは、提案を行うには、ネイティブトークンであるUNIの全供給量(10億トークン)の1%(1000万トークン)を保有するか、もしくは委任されることが条件となっている。また、提案が可決されるためには4%の定足数(4000万トークン)が必要とされる。Dharmaは、これらの閾値をそれぞれ、0.3%(=300万トークン)と3%(=3000万トークン)に引下げることを提案していた。

コミュニティから異議

一方、コミュニティからは、1つのアドレスだけで1500万のUNIトークンを保有するDharmaは、提案の内容にかかわらず、すでに分散型ガバナンスの脅威となっているとの声が上がっていた。

コミュニティの著名メンバーであるDavid Feltonは、他の大口保有者であるシミュレーション・プラットフォーム「Gauntlet」(1500万UNIトークン保有)とDharmaの保有分を合計するだけで、新たな提案承認の定足数である3000万トークンが達成可能になると警告。Dharmaの提案の真の目的は、Uniswapのガバナンスをコントロールすることにあると示唆した。

さらに定足数を下げることで、DAOハッキング事件のように、悪意のある提案によって、巨額のユーザー資金を失う事態にもつながりかねないと、Feltonは訴えた。

また、「DeFi Watch」の創設者、Chris Blecは、「明らかにビジネス上の利益が絡んでくるDharmaのような企業は、Uniswapの決定に対して、このようなレベルのコントロールを持つべきではない。権限は、企業ではなく、ユーザーに委譲されるべきだ。」と述べた。

結果が語るもの

最終的に、Dharmaの提案は否決される結果となった。DharmaのCEO兼共同創業者であるNadav Hollanderは、「残念な結果だ」とツイートした。

「85%以上の投票率、272人が賛成、48人が反対に投票という95%を超えるの支持にも関わらず、投票は失敗に終わった。」

これに対し、提案への反対を表明していたコミュニティメンバーのAgustín Aguilarは、「君の投票など影響しない」と言われていたことの、まさに正反対のことが起こった、とコメント。その理由として、提案へ拒否を表明するために、棄権したユーザーが数多く存在したのではないかと推測している。

また、Dharmaは、提案提出の要件と投票の定足数の引き下げを別々に提案すべきだったという意見も見られた。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア