大手VC Degital Currency Group「激動の2020年、仮想通貨業界は力強く成長」

「暗号資産の現状」:DCGレポート

ブロックチェーン企業に特化した投資を行う大手ベンチャーキャピタル、Degital Currency Group(DCG)が「暗号資産の現状」を題した最新レポートを発表した。

DCGは半年ごとに、150社以上の投資先企業の役員を対象にした調査を実施している。このレポートは今年第3四半期の調査データに基づき、業界のセンチメントを数値化するとともに、運営方針の動向を分析している。

レポートは、コロナ禍の影響による経済的衝撃から半年が過ぎた今、仮想通貨業界が「優れた業績をあげた業界として浮上した」と総括し、最も「強気な」進展要素として選ばれた分散型金融(DeFi)について詳しく取り上げた。また、仮想通貨の普及を後押しする要素としての「スマートマネー」についても論じている。

企業の業績が向上

今年の業績全般についての質問には、調査に参加した企業の半数近く(49%)が、今年当初の予測を上回る業績をあげたと回答、3割が同程度とし、業績が下回ったと回答したのは、18%に止まった。

今年、ビットコインは他の主要な資産クラスを凌ぐパフォーマンスを見せたが、明らかに、その恩恵を受けたのが仮想通貨取引所であり、22社がDCGのポートフォリオに含まれているという。(大手デジタル資産運用会社、グレースケールはDCGの子会社)

そして、そのうちの5社は、アフリカや中東、南米などの新興市場に特化した取引所。当該地域では景気減退による法定通貨の切り下げや資本統制への懸念から、仮想通貨に注目が集まっており、これらの取引所では、中央値ベースで、昨年第4四半期から今年第2四半期末までに、純利益が約80%増加したという。

また、調査対象企業の66%が、従業員数の増加を報告、2020年にはチームの規模が35%以上拡大すると予想している。

DeFiの成長

また、仮想通貨業界の進展を牽引する最も顕著な要素としては、「DeFiの成長」がトップ、「ビットコインの回復力」と「ステーブルコイン需要の急伸」が続いた。

レポートでは、DeFiは、現在バズワードとなっているが、インターネット同様、この分野の「勝者」やユースケースが定着していくにつれ、専門用語としてではなく、一般的な言葉になる可能性が高いとした。より速く、安い金融サービス(クレジットやローン、貯蓄商品など)を、スケーラブルに提供することに成功した場合、DeFiは将来的には、単に「金融」として受け入れられることになると予測している。

急落しているDeFiトークンの価格が短期的にどのようなパフォーマンスを見せようとも、2020年のプロトコル開発とビジネスの成長は、業界の将来にとっては良い兆候であると、回答を寄せた多くの企業創設者が見ているとレポートは報告した。

また、多くの取引所や店頭取引会社でステーブルコインの採用が進んだことで、その需要も急増している。企業幹部は、ステーブルコインの成長は、仮想通貨の大量採用への建設的な一歩と見ているようだ。心理的に「分散型通貨」よりも「デジタルマネー」を容易に受け入れる層にアピールするステーブルコインは、新たな業界への参入を促す役割を果たすと考えられている。

マクロ要素とスマートマネーが普及を後押し

多くの経営者は、仮想通貨の普及に影響を与える経済的要素として、「世界的な景気後退」「インフレ」「利回りの追求」をあげた。

昨年末の調査では、「投資の可能性」(約16%)よりも「信頼できる包括的な金融システム」(約60%)を仮想通貨普及に貢献する要素としてあげていた。それに対し、低利回りが続く現在の環境では、仮想通貨のリターンの可能性が投資家には魅力と映っているようだ。

実際、機関投資家は2020年に向けてデジタル資産への全体的な配分を増やしている。グレイスケールは、今年の第3四半期に、昨年1年間の1.5倍となる資本流入(約10億ドル)を記録しており、その84%は機関投資家からのものだったという。

そして、もう一つの「スマートマネー」、つまり企業が仮想通貨投資に参入してきている。企業資産の一部を仮想通貨に割り当てることで先陣を切ったマイクロストラテジー社に続き、今月、Squareが5000万ドルのビットコイン投資を発表し注目を集めた。

相場予想

そのため、ビットコイン価格の予想においても企業幹部は強気なようで、価格の下落を予想したのは、わずか9%に過ぎず、大部分が今後6ヶ月から1年の間に価格が上昇すると予測している。

レポートは、予想外の出来事や常識を覆すような状況が生まれた2020年だったが、仮想通貨業界にとってはまたとないチャンスとなり、力強い成長を後押ししたとまとめている。

出典:DCGレポート

関連:イーサリアム高騰、年間取引量「1兆ドル」を超える見通し


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します