ブルームバーグがビットコイン過熱感を指摘、投資戦略部門は強気スタンス

ビットコイン、RSIで過熱の兆候

米大手経済誌ブルームバーグが、「ビットコイン価格が過熱気味になっている」と指摘した。

ビットコインは21日、年初来高値を更新し13,000ドルを突破した。急騰のきっかけの一つが、米決済大手PayPalで仮想通貨決済が利用可能になるという報道だ。

こういった市場の動きを受けて、インジケーターのRSI(相対力指数)が80を超えるなど、市場での過熱感を示している。

出典:TradingView

関連:巨額投資のMicroStrategy CEO「ビットコインの未来はここにある」13000ドル突破も、相場に警戒感

また、「ビットコインは高」という刺激的なコメントを付けてツイートを行ったBloomberg Cryptoに対し、取引所バイナンスのCZ氏は「ビットコインが130ドルの時に人々がこれを言っているのを思い出した」と返している。

ストラテジストは強気

ブルームバーグ、ストラテジスト(投資戦略専門家)のMike McGlone氏は、「よほど予期せぬネガティブな材料が出ない限り、上値抵抗線を破るのは時間の問題だろう」と期待を示した上、「ただし、19年の最高値(1BTC=14,000ドル)以上を維持するためには、上昇の燃料となる新たな材料が要るのではないか。」との見解を示した。

ビットコインの実需については、ここ数か月でMicroStrategyやSquare社など、上場企業でのビットコイン購入例が報道されており、2017年のバブル時とは、規制面やネットワークの堅牢性は格段に進化している。

参考:Bloomberg


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します