ビットコイン高騰で仮想通貨バブルとの違い、東南アジア最大手DBS銀行の材料に高い関心|週間仮想通貨ニュース

今週のニュース

今週は、ビットコインが上昇した要因についての記事に注目が集まった。シンガポールの大手デジタルバンク「DBS銀行」が暗号資産取引所をローンチすることが報道された。

仮想通貨市場では、DBSの報道を受けてビットコインが高騰、2019年の高値に迫ったほか、1000BTC以上を保有するクジラが過去最高を更新した。

このほか、米大手銀のJPモルガンは独自のデジタル通貨、JPMコインの利用を開始している。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ビットコイン、なぜ上がったのか──過去の仮想通貨バブルと異なるポイントは

29日の仮想通貨市場でビットコイン(BTC)相場は大幅に反落した。米ブルームバーグは、現在価格を押し上げている要因は暗号資産(仮想通貨)バブル期の2018年当時は異なると指摘する。(記事はこちら

2位:ビットコイン、過去最大額の大口送金が話題に

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは過去最大額(米ドル額基準)の大口送金が行われたことが話題になっている。(記事はこちら

3位:東南アジア最大手銀行、米ドルや日本円対応の仮想通貨取引所「DBSデジタル取引所」を開設へ

シンガポールおよび東南アジアにおける最大手銀行「DBS銀行」が独自の暗号資産(仮想通貨)取引所をローンチする。(記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

高値更新のビットコイン『歴史上、最も重要なブレイクアウトが起きている』

27日、東南アジア最大のDBS銀行が、独自の暗号資産(仮想通貨)取引所をローンチすることが伝わると、これを好感した買いが相場を押し上げた。 (記事はこちら

ビットコイン市場に押し寄せるクジラの群れが「過去最大」を観測

データアグリゲーターUnfoldedは「1,000BTC(約10億円)」以上を保持する大口投資家(クジラ)のウォレット数について、過去最高を更新したことを明かした。 (記事はこちら

イーサリアム高騰、年間取引量「1兆ドル」を超える見通し

Messariのデータによれば、DeFi(分散型金融)と組み合わせたステーブルコインは2020年第3四半期、イーサリアムのトランザクション量(出来高)をビットコインの2倍以上に押し上げた。 (記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

バイナンス、日本向けサービスで新たな動きか

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本語と英語に精通する「カスタマーサポートスペシャリスト」の求人を新たに出していることがわかった。 (記事はこちら

インドで異例の仮想通貨銀行サービス誕生へ ビットコインなど8銘柄に対応

インドに暗号資産(仮想通貨)の銀行サービスを提供する金融機関が誕生することが分かった。(記事はこちら

JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

米最大手銀のJPモルガン・チェースが開発した独自のデジタル通貨「JPMコイン」がクロスボーダー決済で利用開始することがわかった。 (記事はこちら

フォーブス誌、バイナンスの「米規制逃避計画書」を報道──CZは「FUD」と否定

米フォーブス誌が、最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの「米国の規制逃避戦略」に関する内容をリーク文書と共に速報ニュースとして公開した。 (記事はこちら

PayPal、仮想通貨関連サービスを開始か──ビットコイン購入の報告事例

米決済大手PayPalが暗号資産(仮想通貨)の売買に対応する予定を発表して1週間、ビットコインなどの購入サービスを開始した可能性が浮上している。 (記事はこちら


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します