「デジタルドル発行の考えは?」 米FRB副議長が公聴会で説明

FRB副議長が現状を説明

FRBの監督を担当するRandal Quarles副議長は12日、米下院の金融サービス委員会の公聴会で、CBDCが米国にとって必要なソリューションであると判断するのは時期尚早だと発言。発行が必要かを見極めるため、試験的なプロジェクトを行なっている段階だと説明した。

米連邦準備理事会(FRB)は、中銀発行のデジタル通貨(CBDC)の導入において、まだ初期段階であることを強調した格好だ。

公聴会では、French Hill議員がQuarles副議長に対し、CBDCについて複数の質問を行なった。昨年FRBのJerome Powell議長宛に、「デジタルドル」の発行を促す書簡を送付した人物でもあり、CBDC発行の推進派だ。技術に乗り遅れることで米ドルの優位性が揺らぐ可能性があるとして、FRBが米ドルのデジタル版の開発へ取り組むことは急務であると伝えている。

関連:「米ドルのデジタル通貨を発行する考えはあるか?」米国会議員がFRB議長を促す

Hill議員は今回の公聴会で、当時のPowell議長の反応からは、FRBが積極的に研究や検討を行なっているようには思えなかったとした上で、この数カ月でCBDCに対するFRBの考えはどのように変わったかを質問した。

これに対しQuarles副議長は、「政府が支える決済システムに関する動きが、今年はグローバルに活発化してきた。米国の決済システムも同様だ。 しかし、まだCBDCを発行すべきかどうかを検討している初期段階であるため、導入すべきだと考え方を変えたとわけではない」と回答した。

デジタルドルを巡る動き

CBDCは中国が試験利用の規模を拡大したり、バハマに関しては実利用が報じられるなど、研究や開発が世界で進められている

関連:中国北京、デジタル人民元のテストエリア開設へ

このような状況であってもPowell議長は先月、国際通貨基金(IMF)が開催した国際送金に関するパネルディスカッションで、CBDCの発行について慎重な姿勢を示した。

1番に発行することよりも、正しく対応を行うことの方が重要だと主張し、米ドルは世界の基軸通貨であるため、発行のメリットだけでなく、リスクもしっかり見極める必要があると伝えた。

最近の米国の動きとしては、米国連邦準備制度(FED)の主席エコノミストが、CBDCに関する先行研究を検討し、総括した文献レビューを発表している。

CBDCのおおまかな定義や商業銀行に与える影響、金融政策と金融安定性への影響、今後の課題について考察した。

関連:CBDCが商業銀行と金融政策に与える影響と今後の課題=米連邦準備制度


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。