CoinPostで今最も読まれています

「全加盟店でビットコイン決済を」ペイパルCEOが語る展望

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

すべての加盟店でビットコイン決済可能に

PayPalのCEO、Dan Schulman氏は米メディアCNBCのインタビューで、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの実用性はこれからますます高まるとの見解を披露し、PayPalがその一翼を担うとして仮想通貨サービス開始への意気込みを語った。

投機や貯蓄手段として「BUY&HOLD(買って保有)」されるよりも、これからは実際にビットコイン(BTC)を決済などに使用する場面が増えることになり、またその上でPayPalも役目を果たすと説明した。

PayPalは仮想通貨の購入、販売、保管を簡単にすることを可能にしたが、重要なこととしては、2021年初めに、PayPalの2800万の加盟店すべてで行われる決済の資金源として仮想通貨を使えるようにする予定だとしている。このことは、「仮想通貨の有用性を大幅に強化することに繋がるだろう」とSchulman氏は語る。

現金からデジタル通貨へ

ビットコインに対して「仮想通貨には固有の価値がない」とする批判があることについて意見を求められ、Schulman氏は「あらゆる形態のお金は信頼に基づいており、その信頼から得られる価値を持つ」とした。

また新型コロナ禍により感染予防の点から「現金の使用が急激に減少した」と述べ、「消費者の40〜70%はもはや現金を扱いたくない」状況になっていると指摘。デジタル決済やデジタル通貨がますます主流になっていくとの考えを示した。

各国政府が発行する中銀発行デジタル通貨(CBDC)についても、発行されるのは時間の問題だとしている。

PayPalは、以前からCBDCにも取り組んでいく意欲を見せている。CBDC発行に際して、その決済ネットワークの規模や卓越性を通じて、既存の決済システムとの相互運用性や、コマース面での普及促進などについてサポートできると宣言している。

ビットコインを法定通貨に自動変換

現在PayPal上で取引できるのはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄である。

ユーザーが仮想通貨により決済を行う場合、仮想通貨が自動的に法定通貨へと変換される仕組みだ。PayPalプラットフォームは、ユーザーが支払う必要のある仮想通貨の金額を自動的に計算して表示、ボラティリティの問題を解決する。また加盟店は法定通貨で支払いを受け取れる。

現在、PayPalで購入した仮想通貨はPayPalウォレットから出金することができず、外部ウォレットから仮想通貨を入金することもできないという制限もあるが、PayPal参入は、より広い一般ユーザーが仮想通貨の世界に流入する契機になると期待されている。

「ビットコインは供給量不足に」

サービス開始に伴う、PayPalのビットコイン購入が話題である。仮想通貨投資ファンドPantera Capitalの分析によると、取引高増加から推定した場合は、PayPalは既にBTC新規採掘量の70%を購入していると見積もられるという。

モバイル決済アプリCashAppも新規採掘量の40%を購入していると推算されており、PayPalとの合算で既に新規採掘量を上回ることになる。また今後の購入量増加により、PayPalが数週間以内に単独で新規採掘量以上を購入するとも指摘している。

Pantera Capitalは、他の大規模な金融機関がCash App等に続くと、ビットコインの供給不足がさらに進み、BTC価格が上昇する可能性もあるとして、BTC価格の高騰余地に注目している。

関連: ビットコインが供給不足の状態へ PayPalなどで新規採掘量上回ると推定=Panteraキャピタル

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア