「アルトシーズン再来」ビットコインドミナンスに強いシグナル、XRP(リップル)とイーサリアムは仮想通貨バブル以来の高値圏に

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

ビットコインや株式市場の高騰を受けた循環物色により、ミドル〜スモールキャップアルトを含め仮想通貨市場が全面高となるなか、ビットコインのBTCドミナンス(市場シェア)は大幅下落。67.5%から62.2%まで急降下した。

BTCドミナンス推移

これは、ビットコイン一強状態の脱却と、「アルトシーズン」再来の予兆を意味する。

BTCドミナンスは、仮想通貨バブルの17年冬から急落。XRPが400円、ETHが170,000円台に到達したアルト最盛期の18年1月には、BTCの市場シェアは35%台まで落ち込んだ。ビットコイン高騰が停滞し、アルトシーズンが本格化した場合、18年相場で揉み合った50〜52%、17年1月の35%は意識され得る。

一方、ビットコインが過去最高値の20,000ドルを超えて青天井になった場合は、再び資金が集中する可能性もあるだろう。

XRP(リップル)市場

時価総額の大きいラージキャップアルトの中で上昇が際立っているのがXRP(リップル)で、前日比35.7%高の60円台に。長らく低迷していたXRPだが、前週比105%高と短期間で2倍に上昇するなど直近で暴騰している。

XRP/JPY 日足(bitbank)

「リップル」や「#XRP」がTwitterトレンド入りするなど、国内市場での盛り上がりが確認出来る。

その一方、coinlibの直近データによると、日本円(JPY)の流入は3.7%に留まっており、国内大手bitbankのシェアも同様なことから、ピーク時に日本円シェアが50%近くまで到達した過去相場と比較すると、仮想通貨初心者や日本の投資家が十分な枚数を保有できていない可能性を示唆する。

coinlib

その理由の一つに、国内取引所が「Flare Networks」によるXRPホルダーへの「Sparkトークン」付与への対応方針が明確になっていないことが挙げられる。

Sparkトークンは、新トークンの取り扱いとなることから金融庁の認可が必要だとみられ、国内取引所の対応は事実上の保留状態(利便性を最優先とした対応方針を検討)にある。新通貨付与の意思表明を行う「オプトイン」は、対象の海外ウォレットを使用する必要があり、仮想通貨初心者及び日本居住者にはややハードルが高い。

権利確定日(スナップショット)の12月12日に向け、思惑に加えた現物の流動性(供給量)低下が相場を押し上げたものとみられる。意思表明可能な「オプトイン」期間は6ヶ月間で、期間を過ぎた場合、バーン(焼却)または破棄され、権利は無効となる。

関連:Flare Networkとは|XRP(リップル)と密接に関わるSparkトークンの将来性

関連:SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』

ETH(イーサリアム)市場

先日500ドルを超えたばかりのイーサリアム価格も高値更新、一時620ドル(65,000円)を付けるなど急伸している。

ETH/USD 日足

次世代イーサリアム2.0の心臓部である「ビーコンチェーン」のアクティベートには、安全なネットワークを維持するための「起動条件」が設けられており、24日中に条件を満たせば12月1日からビーコンチェーンを稼働できることになるが、遅れた場合はその分ビーコンチェーンの稼働日も後ろ倒しになる。

19日時点の預け入れ額は104,288 ETHの(進捗率19.9%)で、このペースでは間に合わないことが懸念されていたが、第一目標の12月1日に間に合わせるため、24日にかけてイーサリアムデポジットコントラクトへの入金額が急増。22日時点は、235,168ETH(進捗率44.9%)と急伸し、24日朝の時点で進捗率90%を超えるなど加速していた。

その後、11時半時点で閾値の524,288ETHに達し、20年12月1日のローンチが確定した。

launchpad.ethereum.org

時価総額2位のイーサリアムは、もはやdApps(分散型アプリケーション)やDeFi(分散型金融)市場で巨大なエコシステム(経済圏、生態系)を構築しており、コンセンサスアルゴリズムであるPoWからPoSへの大型アップデートに向けた歴史的な一歩と言えそうだ。

関連:速報 イーサリアム2.0、最速ローンチ実現へ──12月1日にビーコンチェーン実装目処

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します