仮想通貨取引所は証券取引所の10倍高い上場手数料を徴収していることが明らかに

仮想通貨取引所の取り分
仮想通貨のインフラ提供者達は、流動性の確保と引き換えに多額の手数料を徴収していることが明らかになっており、主要仮想通貨取引所の取引リストに名を連ねるには、約1~3億円の費用がかかるとされています。
非中央集権取引所の台頭
多くの仮想通貨取引が、未だ中央集権的な取引所で行われていますが、Bisqのような同等のサービスを低価格で提供する非中央集権的な取引所も台頭してきています。しかし、この非中央集権的な取引所は、未だ発展段階であるため、莫大な手数料はしばらく続きそうだとされています。

仮想通貨取引所は、既存の証券取引所の10倍にも値する手数料を徴収しているとフィンテック分析企業であるAutonomous Researchの報告書に記述されました。

ICOを取り扱う取引所は莫大な手数料を徴収

仮想通貨のインフラ提供者(取引所)は、流動性の確保と引き換えに多額の手数料を徴収していることが明らかになっています。

ICOを名の知れた取引所のリストに加えるには、$100~300万(約1~3億円)の費用がかかると記載されています。

ナスダックの中でも比較的小規模なNasdaq Capital Marketに1500万株までの範囲で上場する際には、出願料及び、入会費用として、$5.5万(約580万円)かかり、ほぼ同額が維持料として毎年かかってきますが、仮想通貨取引所に比べると遥かに少額であることが見て取れます。

報告書の作成者は「取引所にトークンを追加するには、合理性を追求すると$100万(約1億円)かかり、早急に流動性を確保したい場合は$300万(約3億円)かかります。」と説明しました。

購入者にとってそのトークンが容易に取引可能であることは魅力的であり、ICOの成功の鍵は取引所のリストへ追加することであると言っても過言ではないかも知れません。

お金の流れ

この報告書がTelegramグループの内部情報や名の知れた人々の個人的なやり取りを元に作成されたのではないかという疑惑を否認しました。

しかし、実際に一部の業界内ではこの報告書内のデータは非常に正確であると噂されています。

Business Insiderによると、3月時点で、仮想通貨取引所が1つのICOに対し、$100万(約1億円)の手数料を徴収していたことを明らかにしました。さらに、アルトコインの開発者はnews Bitcoin.comの取材に対し、人気のあるモバイルウォレットに対応させる手数料として$350万(約3.7億円)の見積もりを出されたと述べています。

報告書によると、このような規格外の手数料を賄うため、スタートアップはそれぞれのプロジェクトに過剰投資しなければならないと主張されています。結果的に、一部の仮想通貨関連企業は、既存産業の企業に比べ、10倍以上もの資金調達を行なっています。

数々のブロックチェーンスタートアップは、2018年のICOだけで既に$30億(約3180億円)もの資金調達を行い、ベンチャーキャピタルによる$2.7億(約280億円)の資金調達を凌駕している事実も、報告書の信憑性を高めていると言えるでしょう。

リップル社に関する報道も

RippleがGeminiとCoinbaseに対し上場のために対価を支払う提案をしていたことや、Ripple社はCoinbaseのXRP取り扱いのために1億ドル相当のXRPを貸し付けることも厭わないとBloombergが報じました。

意図として、Ripple社は手数料を提示することで、Rippleの今後の成功はXRPがこれらの取引所に上場できるかどうかにかかっている部分があるのだと示したかった様です。

CoinPostの参考記事

リップル:米2大仮想通貨取引所に上場手数料を提示か
Rippleがアメリカの2大仮想通貨取引所であるGeminiとコインベースに対し、各取引所への上場のために対価を支払う提案をしていた、とBloombergにより報じられました。

取引所収益の高まり

ICOを管理している数々の取引所は大幅な収入を得ています。2017年にCoinbaseは$10億(約1000億円)の利益を上げ、Binanceは$2億(約200億円)を上回る利益を上げたと報告されています。その顧問企業も収益として、その取引の5%程を受け取っているようです。

現時点で、仮想通貨取引所での取引の98%以上は、Binanceや、Bitfinex、Okex、Upbitのような中央集権的な取引所で行われています。

しかし、まだ希望はあります。Bisqのような非中央集権的な取引所も台頭してきており、中央集権的な取引所と同様のサービスをわずかな手数料で提供しています。しかし、未だ発展段階と言えるでしょう。

CoinPostの参考記事

これから主流になると予想される注目の分散型取引所(DEX)一覧まとめ
国自体の規制により取引所の閉鎖等のニュースが出て価格の乱降下が起きていますが、国家が規制をかけているのが中央集権型取引所であり、分散型取引所が閉鎖するような事態は考えにくいため、今後主要になるのがDEXと呼ばれる分散型取引所です。

Crypto Exchanges Charging Up To $3 Million To List Tokens

Apr 4, 2018 by Matt Hussey

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加