CoinPostで今最も読まれています

SBIファイナンシャル傘下のB2C2、米国向けXRP取引サービスを停止=TheBlock

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRP取引サービスを停止

米証券取引委員会(SEC)がリップル社らを証券法違反で提訴したことを受け、暗号資産(仮想通貨)の英大手マーケットメイカーB2C2が、米契約企業へのXRP取引サービスを24日に停止した。B2C2の担当者の話としてTheBlockが報じた。

B2C2社は、暗号資産分野における大手マーケットメイカーで、英国の他、米国、日本等に拠点を持ちグローバルに事業を展開。先日、SBIホールディングスの子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズが買収を行なった企業だ。

今回の停止は米国の企業のみが対象となる見込みで、それ以外の契約企業は取引の条件が一時的に一部変更されているが、XRPの取引は継続される。

SECがリップル社とGarlinghouse CEO、共同創設者のChris Larsen氏に対して訴訟を起こしたのは現地時間22日。SEC側の主張は「リップル社が2013年から約7年間に渡り、有価証券登録を行わずにXRPを販売し続け、1300億円を超える資金を調達した」というものだ。

関連米SECのリップル社訴訟、詳細が判明

板取引に流動性を提供し、売買を成立させる役目を持つマーケットメイカーでは、すでにGalaxy Digitalとシカゴ発の高頻度取引業者Jump TradingがXRP取引サービスを停止しており、B2C2で3社目となる。マーケットメーカー等の流動性供給元の状況の変化を受け、日本でXRP取引を提供している一部の取引所にも影響が波及している。

関連【随時更新】リップル訴訟に関する国内外仮想通貨取引所のXRP対応一覧

B2C2は今週、SECの訴訟を受けてXRPについて対応を行う可能性があることを前もって顧客に予告し、取引停止などの対応を行う場合は即座に告知すると伝えており、24日の15時(日本時間25日5時)より、米企業向けの取引停止対応に動いたという。

B2C2とは

B2C2は2015年に設立されたマーケットメイカー。英国を拠点にしてグローバルに事業を展開している。

子会社の「B2C2 OTC Ltd.」は2019年、仮想通貨に準拠したしたCFD(差金決済取引)の規制ライセンスを英金融行為監督機構(FCA)から取得している。

今月にはSBIホールディングスの100%子会社「SBIファイナンシャルサービシーズ」がB2C2を買収した。仮想通貨を取り扱うディーリングデスクを運営する大手金融グループが初めて誕生したことで注目を集めた。

今年9月にはSBIグループの仮想通貨取引所SBI VCトレードが提供する「VCTRADE Pro」のマーケットメイカーにB2C2を追加。当時、B2C2はSBIとの連携を機に、日本の大手金融企業を仮想通貨業界に引き込むことを考えていると発表している。

関連「日本の大手金融企業を仮想通貨業界へ」 SBI、B2C2買収=ロイター

記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:37
人類vsゾンビのサバイバル・ブロックチェーンゲーム「Undeads Metaverse」とは
Undeads Metaverse(アンデッドメタバース)は、ゾンビ軍と人類軍の衝突をストーリーに持つブロックチェーンゲームです。プレイヤーはゾンビ軍または人類軍に所属し、資源の収集や装備品作成を行いながら勢力を拡大していきます。
15:10
IEOを発表した国内の暗号資産取引所「coinbook」とは|口座開設キャンペーンも実施
暗号資産取引所「coinbook(コインブック)」がIEOの実施や口座開設キャンペーン等の開催を発表しました。新たに取引サービスをはじめたcoinbookの概要やサービス内容、予定されるイベントについて紹介します。
14:43
ソニー、ゲームプラットフォーム間のNFT送信に関する特許を出願
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは世界知的所有権機関にNFT関連の特許出願を行った。様々なゲームプラットフォームで使えるNFTの枠組みを申請している。
13:07
コインベースの L2「Base」、重点的に取り組むべき4分野で開発呼びかけ
米大手仮想通貨コインベースが開発を主導するイーサリアムの独自L2ネットワーク「Base」は、「開発者への要望」と題し、重点的に取り組んでもらいたい四つの分野を発表した。
12:48
米商業銀行の銀行預金、金融不安の影響で前週比13兆円減
米国の銀行預金は、3月前半の一週間で大きく減少している。一方、仮想通貨ビットコインの価格は上昇傾向にあり、特に米国の機関投資家が購入していると見られる。
12:32
ビットコイン横ばい、ハッシュレートは過去最高値の350 EH/s水準へ
ドイツ銀行株が急落するなどクレディスイスに続き金融不安が台頭する中、暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインのハッシュレート(採掘速度)が過去最高値の350 EH/s水準に達した。
09:00
「GM Radio」 次回は分散型AIプロジェクト「SingularityNET」が参加
グローバル版CoinPostによる第16回GM Radioは、3月28日の12:30からツイッタースペースで配信予定。ゲストに分散型AIプロジェクトSingularityNETを招待する。
03/26 日曜日
11:30
ビットコインは「三役好転」の示現で上昇余地ありか|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、9ヶ月ぶりに380万円を記録した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|米SECのコインベースへの警告に注目集まる
今週は、米仮想通貨取引所コインベースが、米SECからウェルズ通知を受け取ったニュースが最も多く読まれた。このほか、テラのDo Kwon共同創設者の追跡など、一週間分の情報をお届けする。
03/25 土曜日
17:00
金融庁、NFTの暗号資産該当性など訊ねるパブリックコメントに回答
金融庁は、各種トークンの暗号資産該当性を巡る見解や、買収された暗号資産交換業者への監督対応等に関するパブリックコメントに対して、回答を公開した。NFTをはじめ、トークンが多様化する中で、資金決済法上の暗号資産の解釈の明確化に取り組んでいる。
13:00
仮想通貨ウォレットMetaMask、EIP-4361を実装
仮想通貨の自己管理型ウォレット「MetaMask」は、EIP-4361を実装したことを発表した。Gmailなどの中央集権的なIDに代わり、自己管理型のIDとしてウォレットアドレスを使用可能になった。
12:00
米ナスダック、仮想通貨カストディサービスを間もなく開始へ
米証券取引所大手ナスダックは、2023年の第2四半期(4~6月)に、機関投資家向け仮想通貨カストディサービスの開始を目指している。ビットコインとイーサリアムの保管から始める予定だ。
11:00
米OpenAI、ChatGPTプラグイン対応開始へ
米OpenAIは、AI言語モデル「ChatGPT」にプラグイン機能の実装に向けた試験プロセスを開始したことを発表した。プラグインを使用可能になることで、最新の情報を使用するためにインターネットにアクセスできるようになる。
10:10
エルサルバドル大統領、イノベーションに免税する法案提出へ
仮想通貨ビットコインの政策を進めるエルサルバドルのブケレ大統領は、「ソフトウェアとハードウェアの技術革新」に対する税金を免除する法案を提出予定だと述べた。
09:00
ドイツ銀行株急落 米国株式市場は上昇、バイナンスのシステム障害を受けビットコイン下落
本日のNYダウは小幅に続伸し+132ドルで取引を終えた。ドイツの金融最大手ドイツ銀行の株価は一時14%急落し、金融機関への信用不安を高めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/04/13 00:00 ~ 23:59
東京 神田明神ホール
2023/04/13 00:00 ~ 23:59
東京 神田明神ホール
重要指標
一覧
新着指標
一覧