CoinPostで今最も読まれています

参加レポート:第一回仮想通貨交換業等に関する研究会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

規制と技術革新のバランスをどのように取っていくか
業界関係者の間では、仮想通貨という新しい技術を規制の中でどう育てていくかといった趣旨の発言が多く、全体の意識は規制一辺倒ではない、という印象を強く受けました。

概要

本日の「第一回仮想通貨交換業等に関する研究会」は、省庁関係者、業界団体や有識者を含め、座長を神田 秀樹氏(学習院大学大学院法務研究科教授)とし、以下の要領で開催されました。

日時:平成30年4月10日(火)10時00分~12時00分

場所:金融庁(中央合同庁舎第7号館)13階 共用第1特別会議室

1.開会

2.事務局説明

3.ヒアリング

4.討議

5.閉会

参加レポート

今回最も注目されたのは、設立間もない「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会」から提出された資料です。

仮想通貨交換業17社(コインチェックなどみなし業者含む)が初めて共同でまとめた資料であり、金融庁に提出され、信頼できるデータです。

注目内容である国内取引量や顧客資産額・年齢層などのデータはこちら↓

国内仮想通貨交換業17社:国内取引量や顧客資産額等の資料を提出
国内仮想通貨交換業17社が共同で国内取引量や顧客資産額等の資料を提出しました。平成28年度→29年度にかけて仮想通貨現物取引は約8倍になっています。また2017年12月は、1ヶ月で取引所17社への合計入金額が1兆円を越しています。

今までは民間調査会社などが推測でデータ等をまとめていたのですが、ようやく日本を代表する交換業の公式な調査レポートが出てきたというわけで、必見に値します。

有識者からもこの資料に関しては、評価をする声があがっておりました。

また、みずほ証券株式会社の小川氏からはICOの現状や、利点、デメリットなどの話がありました。

その他、資料等はこちら(https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180410.html)に掲載があります。

印象的だったのは、有識者から「規制と技術革新のバランスをどのように取っていくか」といった前向きな発言が多かったことです。

仮想通貨という通貨の形を、どう定義するのか、どう規制していくか、どう発展させていくかについては有識者から様々な意見があがりましたが、出席者含めて、未だどのようにまとめていくか手探りの状態です。

中でも注目すべき提言だったのは、会合後、「私は仮想通貨に対してタカ派(強硬派)ですよ」とお話されていた中島真志氏(日銀出身、『アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』の著者)の言葉です。

MoneroやDash、Zchashなどの匿名性の高い通貨は、マネーロンダリングの観点から、(日本の)仮想通貨登録業者が採用するのはいかがなものか

「自主規制団体で、安全対策基準は果たしてできるのか」

「自分たちの為のルールなのだから、厳しくできるかどうか疑問だ。第三者機関、例えばFISCなどに定めてもらうべきではないか」

また、TV CM(テレビコマーシャル)のあり方についての疑問があったほか、購入型クラウドファンディングとICOの違いについての討議では、参加者の間では

「仮想通貨交換業者の顧客の多くが仮想通貨を預けたままにしているとしたら、それは資産管理などの規制を受けるべきでは」

といった旨の発言もありました。

しかしながら、繰り返しにはなってしまいますが、業界関係者の間では、仮想通貨という新しい技術を規制の中でどう育てていくかといった趣旨の発言が多く、全体の意識は規制一辺倒ではない、という印象を強く受けました。

後日、議事録が公表されるほか、第二回研究会も予定しておりますので、引き続きCoinPost編集部でも内容を発信して参りたいと思います。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/02 日曜日
11:30
XRP筆頭に堅調のアルトコイン、BTCも引き続き強気か|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅い推移見せた今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|金融庁のパブリックコメントの回答に注目集まる
今週は、金融庁が、NFTの仮想通貨該当性などを訊ねるパブリックコメントに回答したニュースが最も多く読まれた。このほか、マイクロストラテジーがビットコインを買い増ししたことなど、一週間分の情報をお届けする。
04/01 土曜日
17:20
米アマゾン、NFTサービスの開発は最終段階か
eコマース大手米アマゾンが密かに準備していると噂されるNFTマーケットプレイスについて、開発が最終段階に入ったと報じられている。アマゾンはBeepleやPudgy Penguinsといった人気NFTコレクションと提携しているという。
13:00
アービトラム財団の設立投票で反対の声
アービトラムの仮想通貨ARBのエアドロップを経て、分散型自律組織を管理する組織「アービトラム財団」設立に向けた提案の投票が開始された。予算配分や管理体制に不透明な点があると反対の声も上がる中、87%の賛成票を集めている。
12:00
ロシア下院副議長「露中印が新たな共通通貨システムを開発すべき」
ロシアのアレクサンドル・ババコフ下院副議長は、インド、ロシア、中国は、新しい共通通貨の下に新たな金融関係を構築すべきだと述べた。米ドルやユーロの覇権に対抗する格好だ。
12:00
アニモカ傘下のゲーム制作企業Darewiseとは|Life Beyondのエコシステムも紹介
Darewiseはアニモカブランズ傘下のゲーム制作会社です。「Life Beyond」はDarewiseが開発中のMMOであり、ユーザーは「Dolos」と呼ばれる惑星でエイリアンと戦い、社会生活を営むことができます。遊びながら稼ぐP2Eも可能となる予定です。
11:00
イタリア当局がChatGPTをブロック
イタリアのデータ保護当局がAI言語モデル「ChatGPT」に対し、EUの一般データ保護規則違反の疑いがあるとして一時的に制限を課したことがわかった。開発企業米OpenAI社は一部有料ユーザーのクレジットカード番号(下4桁)や住所などの個人情報が漏洩したことを認めていた。
10:15
仮想通貨取引所Bittrex、米国での事業を閉鎖へ
仮想通貨取引所Bittrexは、米国の事業を4月30日に閉鎖すると発表した。規制の不透明さを主な理由として挙げている。なお、グローバル版の事業は通常通り続ける。
09:30
米政府、計1,560億円相当のBTCを23年中に売却予定
米政府は、ダークウェブ「シルクロード」に関連する捜査で押収した仮想通貨ビットコインについて、2023年に4回に分けて合計1,560億円相当を売却する予定であることがわかった。
09:00
「GM Radio」 次回は仮想通貨送金の効率化を目指す「Superfluid」らが参加
グローバル版CoinPostによる第18回GM Radioは、4月3日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに仮想通貨プロトコルを開発するConnextとSuperfluidを招待する。
08:20
ナスダック・AI関連株大幅上昇 米インフレ鈍化を好感
本日のNYダウは続伸し+415ドルで取引を終えた。ナスダックやS&P500もインフレ鈍化の継続を示す指標を受けて続伸した。AI関連株は大幅上昇を見せた。
03/31 金曜日
17:01
ETHGlobal Tokyo、世界的ハッカソンイベントを東京で開催へ
ETHGlobal Tokyoという世界的ハッカソンイベントが、東京で開催されます。ハッカソンとは、エンジニアやプログラマーが集結し、短期間でプロダクトを開発するイベントのこと。ETHGlobal TokyoではWeb3市場の知識を持たない開発者でも楽しめるような取り組みも充実しています。
16:34
DEA、国内電力大手の合弁会社とMOU締結
NFTゲーム開発・運用を展開するDEAは、「電力アセットNFT」を活用した社会貢献ゲームを検討する目的でGGG社とMoUを締結したことを発表した。GGGは東京電力パワーグリッドや中部電力等の合弁会社。電力アセットNFTは4月3日に発売予定。
16:32
ネクソン、「Oasys」バリデータに参画 
国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして、大手ゲーム開発企業のネクソンが参加することが明らかになった。Oasysは第二群バリデーターとして計4社を追加予定。KDDI、ソフトバンクの参画がこれまでに発表されており、残り1社の公開が期待される。
15:04
加納裕三氏、仮想通貨取引所bitFlyerの社長復帰へ
国内有数の暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer創業者の加納裕三氏が代表取締役CEOに復帰することが発表された。今後は経営改革を加速し、株式市場での新規株式公開(IPO)を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア