ロンドン証券取引所上場の投資企業、分散型金融(DeFi)に投資

フィンテック投資ファンドがDeFiにも投資へ

ロンドン証券取引所に上場している、1億9,300万ポンド(約272億円)規模のフィンテック投資企業「Augmentum Fintech」が、仮想通貨の分散型金融(DeFi)プロトコルへの投資を始める計画が分かった。

サンフランシスコ拠点の、ブロックチェーンとDeFiを専門とする投資会社ParaFi Capitalに投資し、パートナーシップを結んだことを発表。

具体的な額は明かされていないが、AugmentumのCEO、Tim Levene氏は、仮想通貨メディアThe Blockに、この先の状況によって投資を拡大する可能性もあるとコメント。将来、共同投資する機会があることも期待していると語った。

Augmentumのポートフォリオは既に、身元確認会社OnFidoから、デジタル銀行のTide、ピアツーピアレンディングのZopaまで、様々な革新的フィンテック企業を含んでいる。

一方で、ParaFiは、大手DEX(分散型取引所)Uniswap、融資プラットフォームMakerDAO、レンディングプロトコルCompoundなど、多くの有名なDeFiプロトコルに投資を行ってきた。

「有望なDeFiプロジェクトを発見して初期投資」

Augmentumはプレスリリースで「ParaFiの持つDeFiに対する専門性は、Augmentumの幅広いフィンテックの専門知識を補完することになる。そこで我々は可能性を秘めた分散型金融アプリケーションを特定して支援できるようになる」と述べている。

つまり、一般公開前の有望なDeFiプロジェクトを見付けるとして次のように続けた。

(ParaFiと)協力して、ヨーロッパと米国の現場で開発チームを支援し、一般公開前にプロジェクトに共同投資を行う。我々の顧客である投資家達に、有望なDeFi資産を組み入れたポートフォリオへのアクセスを提供し、潜在的なリターンを最大化する。

Augmentumの投資アソシエイトEllen Logan氏は「ParaFiは、パブリックにトークンがリリースされる前の、プロジェクト開始のかなり初期段階で投資する。その段階で参加できれば、大きなチャンスがあると思う」と話した。

DeFiの成長に期待するAugmentum

Augmentumは、ParaFiとの提携を発表するにあたって、DeFiの魅力をブログで説明。金融サービス分野では、伝統的な企業が、依然として世界の収益機会11兆ドルの91%を保有しており、フィンテックはまだ9%のシェアで、これから拡大し続ける余地があるという。

特に、DeFi分野には2020年だけでも210億ドル(約2兆円)もの資本流入があったことを指摘し、スマートコントラクトが金融取引において仲介者として重要な役割を果たす可能性を確信しているとする。

また、中央集権型の金融サービス(貸し出し、借り入れ、取引、保険)を改良することができるDeFiの可能性や、第三者の仲介者を排除することで、一般的に手数料が低下することなどの利点に言及した。

2020年夏に急成長したDeFi市場については、仮想通貨に特化した情報開示プラットフォーム「Xangle」が、「DeFiが世界を変える11の方法」という題名のレポートを発表。DeFiの可能性について、「分散型融資」「分散型保険」など11のカテゴリーに分けて、それぞれの可能性を論じている。

関連:分散型金融(DeFi)が世界を変える11の方法──Xangleレポート

規制の明確化という課題も

台頭するDeFiは規制の面でも課題を提出しており、アメリカでは米商品先物取引委員会(CFTC)の技術諮問委員会が、DeFiに関するブリーフィングを行い、規制面についても語った。

DeFiは技術レベルでの開発やデザインに重きが置かれているものの、「必ずしも違法ではない」と解釈しつつ、ユーザーの個人情報を確認しない場合は、KYCやAML関連法の違反にあたる可能性もあるが、責任の所在がどうなるのかも課題の一つと指摘。

規制の明確化に向けた改善策の一つとして、イノベーション促進を目的とした規制猶予を与える「セーフハーバー」制度を挙げた。

関連:米CFTC技術諮問委員会「DeFi(分散型金融)は現行法に当てはまらず、必ずしも違法ではない」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します