仮想通貨USDT(テザー)の財務記録提出期限迫る──1月15日

15日が提出期限

テザー社が仮想通貨USDT融資に関する財務記録を提出する期限1月15日(米時間)が迫る。

現在係争中のテザー社の不正融資疑惑を巡る裁判で、ニューヨーク司法当局(NYAG)は、8.5億ドルの不正融資疑惑に関連するテザー社のUSDT準備金に関する財務書類の開示を求めている。

当初は、2020年末が期限と設定されたが、親企業iFinexが協力し書類を用意しているため、NYAGはニューヨーク裁判所に期限の延長を申請、1月15日に期限が延長された。これまで協力に応じなかったiFinexであったが、協力する姿勢を示しており、不確実性が指摘されるUSDTに関わる財務記録などの書類が提出される可能性に、業界は注目している。

関連USDTの財務記録提出巡り、親会社がNY司法当局に協力する方針示す

テザー社のPaolo Ardoino CTOは1月10日にSNSで、NYAGへの協力についてコメント。「我々はNYAGの要請に応じて、すで250万枚に及ぶ書類を作成しており、NYAGと会話も続けている」と話し、「15日以降も、テザー社の業務は通常通りだ」と説明している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します