次週注目ファンダ「米国の複数企業でXRP取引停止」|ビットコイン難易度調整は+10.79%

注目ファンダとBTC市場情報

注目ファンダとビットコイン(BTC)ハッシュレート推移、チャートについて解説する。

仮想通貨決済サービス企業Crypto.com、米居住者向けのXRP取引停止へ

2021年1月19日

日本時間1月19日午後7時をもって、アプリ内のXRP取引・入金が停止される。(XRPの出金は可能)今月新発表されたDeFi(分散型金融)サービスのCrypto.com Earnについても、XRPの対応停止を表明している。

2021年前半(Q1からQ2)と想定されているFlareネットワークのSparkトークン(FLR)のエアドロップへの対応は継続する方針。

関連仮想通貨決済サービス企業Crypto.com、米居住者向けのXRP(リップル)取引停止へ

米大手コインベース、仮想通貨XRPの取引を一時停止へ

2021年1月20日

Coinbaseは、米証券取引委員会(SEC)がリップル社に対して証券法違反として提訴していることを受け、暗号資産(仮想通貨)XRPの取引を一時停止する事を表明した。上場の廃止は現時点まだ発表していない。

XRP取引は段階的に制限を行い、2021年1月19日に全面的に取引を停止する予定。ウォレット機能は継続して利用可能で、資産の入出金は行えるとの事。

関連米大手コインベース、仮想通貨XRPの取引を一時停止へ

BTCハッシュレート推移とチャート

2020年1月3日~2021年1月9日

先週のBTCハッシュレートの最低値は2021年1月3日の145.1TH/s(前週比110.8%)、最高値は2021年1月8日の143.3TH/s(前週比100.2%)となった。

BTCハッシュレート推移

一方でBTC価格の最低値は2021年1月4日の約311万円(前週比116.4%)、最高値は2021年1月9日の約431万円(前週比138.1%)を記録。

BTC価格チャート

ハッシュレートおよびBTC価格は上昇を続け、再び最高値を更新する結果となった。

BTC難易度調整

2021年01月10日00:24

前回の難易度調整は、2021年01月10日00:24(665,280ブロック)に行われ、変動率は+10.79%となった。

具体的な数字として、難易度は20.61 T(前回比110.8%)、平均ハッシュレートは147.46 EH/s(前回比110.7%)となっており、数値は大きく上昇し、難易度およびハッシュレートは過去最高値を記録した。

BTC難易度調整値

また、難易度調整の基準になる平均ブロック生成時間は09分02秒(前回10分02秒)となった。

次回の難易度調整は、2021年01月23日に行われる予定である。

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します