CoinPostで今最も読まれています

国内取引所Liquid by Quoine、独自通貨QASH情報などをアップデート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国内仮想通貨取引所Liquid by Quoineで独自通貨QASHなどアナウンスが発表された。栢森社長によって、これまでの活動停滞の理由の説明と、今後の方向性について意思表明がなされている。

Liquidとは

Liquid by Quoine とは分散型金融(DeFi)の発展を目指す、日本とシンガポールに拠点を持つ暗号資産(仮想通貨)取引所。ワールドブックによる統合されたオーダーブックと、独自通貨のQASHなどのアルトコイン建で仮想通貨を交換できることを特徴としている。

ワールドブックについては、現在ICOで打ち立てた理想の一部のみ達成しているものの、Liquidの取引流動性を一つに集めるアプリケーションを準備しているとの発表があった。

Liquidでは、通常、仮想通貨取引所ではBTC/JPYとETH/BTCなど、銘柄ごとに取引の板は分かれている。Liquidでは注文は一つにまとめられており、流動性の少ない通貨でも安定した取引を行うことが出来るワールドブック機能を備えるほか、ETH建て、QASH建てといった珍しい通貨ペア取引も特徴となっている。

関連「Liquid by Quoine」が正式ローンチ|流動性の大幅改善を見込む

Liquidの現在とこれまで

Liquidは2017年にICOを行った後、ユニコーン企業として期待されていたが、2018年以降に国内取引所で相次いだ不正流出事件、ICO詐欺の頻発を受けて金融当局が規制強化を進めていくなか、新たな動きが減少していた。

栢森社長はこのブランクについて、「改正資金決済法、改正金融商品取引法への対応に経営資源を注力していたため」と説明しており、今後は第一種金融商品取引業としての登録、そしてシンガポールでの暗号資産交換所の登録を進めるとしている。(シンガポールにおいては申請・登録済み)

この日本とシンガポールでの業者登録はLiquidの強みであり、経済、政治的にも今後の暗号資産業界の動向に左右されず発展、成長するために適切な布石であるとした。

今後のLiquid

またLiquidは「顧客本位のプラットフォーム構築」を掲げ、3つの技術的な発表(QASHのLiquid Tokenへのリブランディング、ワールドブックの拡張、DeFiへの注力)を主眼に置くと言及。過去のQASHのホワイトペーパーに言及しつつ、「すでに陳腐化したり、市場で求められなくなったり、優先順位が低くなった技術、ICO後に台頭した技術に関して、今後計画を発表していく」と言及した。

独自通貨QASHについて

独自通貨QASHについては、Liquid Tokenへの変更は名称変更以上の理由があり、イーサリアムを基盤とするERC20トークンであるQASHを、独自のブロックチェーンとメインネットを持つことになるLiquidトークンに変えることにより、「アルゴリズム戦争」や「プロトコル論争」を回避することが目的にあると主張した。

また、すでに取引されているQASHのトークンスワップを進めるとともに、Liquid by Quoine内のサービスでの決済などに使用することも計画していると発表している。

Liquidトークンとそのレッジャー(Liquid Distributed ledger)は、様々なDeFiプラットフォームの架け橋となるため開発されているという。最終的にはLiquid by Quoineから独立する予定であるこのLiquidの分散台帳は、「金融サービスの民主化」を目指すLiquidグループの計画の要とも言える。

今後の情報発信について

Liquidは、今後最低でも「四半期に一回」程度のペースで新情報を発表するとしており、予定としては直近にLiquidの分散台帳についての続報、2021上半期にはメインネットリリースを行うとしている。

QASHアップデート情報(2021年1月)(URL

Liquid by Quoineウェブサイト(URL

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。
08:30
Optimism、初のアップグレードは3月実施を提案
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア