CoinPostで今最も読まれています

Crypto.com、大規模バーンとメインネットのローンチ日を発表 仮想通貨CRO価格は60%高を記録

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

700億CROトークンがバーンへ、メインネット日程も決定

暗号資産(仮想通貨)決済サービスなどを提供するCrypto.comが累計700億CRO(MAX SUPPLY:1000億)の大規模なトークンバーンを実施することを発表した。3月25日のメインネットを目前に、仮想通貨史上「最大規模」のバーン(焼却)を行う計画が明らかとなった。

日本時間15時に公開された公式ブログによれば、22日に596億CROトークンをバーン。差額の104億CROはスマートコントラクトにロックされ、ひと月毎に段階的にアンロック+バーンされる。オープンソースでパブリックチェーンである同ネットワークの分散化が狙いだという。

また59億CROは以下のように分配される。

  • 50億CRO:メインネットのチェーンバリデータやデリゲータのブロック報酬分へ
  • 9億CRO:チェーンのエコシステム開発の為にParticle B(アクセラレーター)へ

Particle Bは、Crypto.comチェーン上でDeFiプロジェクトのインキュベーションを提供するアクセラレーターだ。公式ブログによれば、Crypto.comのCTO兼共同設立者のGary Or氏が手がけるParticle Bでは、2021年より四半期毎に最低1つのプロジェクトのローンチを目指している。

メインネットローンチは3月25日

また、同時にCrypto.com コインのメインネットのローンチ日が3月25日に決定された。分散化の精神に基づき、メインネットローンチ後はcrypto.orgコインがCrypto.orgチェーン上で発行されていく予定だ。

公式ブログによれば、Crypto.2年の調査と開発、そして2つのテストネットを経て、行われたメインネットのドライラン(試運転)CrossFireでは3000以上のバリデーターが世界中から参加。約4週間で2億7500万以上のトランザクションが処理されていた。

Crypto.comは高速度で低い手数料を誇るため、送金やDeFi(分散型金融)、またNFTの取引などに適していると紹介している。

DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説
仮想通貨・ブロックチェーン業界の重要トレンドであるDeFi(分散型金融)の主なメリットとデメリット、重要ポイントを初心者でもわかるように詳しく解説。
Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性
仮想通貨イーサリアムなどの規格を用いた「NFT(Non-Fungible Token)」の市場規模が急拡大し、国内外の大企業や著名人の参入が相次いでいる。NFTのメリットや今後の将来性について解説。

仮想通貨CRO価格への影響は

一般的にトークンのバーン(焼却)では市場供給量が減少することで、需要と供給の関係が作用して1トークン当たりの価値が大きく高まることにつながる。

大規模なトークンのバーンの発表を受け、仮想通貨Crypto.comコイン(CRO)の現物価格は急騰。約1時間で60%以上の騰落率を記録した。

出典:CoinMarketCap

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧