Crypto.com、大規模バーンとメインネットのローンチ日を発表 仮想通貨CRO価格は60%高を記録

700億CROトークンがバーンへ、メインネット日程も決定

暗号資産(仮想通貨)決済サービスなどを提供するCrypto.comが累計700億CRO(MAX SUPPLY:1000億)の大規模なトークンバーンを実施することを発表した。3月25日のメインネットを目前に、仮想通貨史上「最大規模」のバーン(焼却)を行う計画が明らかとなった。

日本時間15時に公開された公式ブログによれば、22日に596億CROトークンをバーン。差額の104億CROはスマートコントラクトにロックされ、ひと月毎に段階的にアンロック+バーンされる。オープンソースでパブリックチェーンである同ネットワークの分散化が狙いだという。

また59億CROは以下のように分配される。

  • 50億CRO:メインネットのチェーンバリデータやデリゲータのブロック報酬分へ
  • 9億CRO:チェーンのエコシステム開発の為にParticle B(アクセラレーター)へ

Particle Bは、Crypto.comチェーン上でDeFiプロジェクトのインキュベーションを提供するアクセラレーターだ。公式ブログによれば、Crypto.comのCTO兼共同設立者のGary Or氏が手がけるParticle Bでは、2021年より四半期毎に最低1つのプロジェクトのローンチを目指している。

メインネットローンチは3月25日

また、同時にCrypto.com コインのメインネットのローンチ日が3月25日に決定された。分散化の精神に基づき、メインネットローンチ後はcrypto.orgコインがCrypto.orgチェーン上で発行されていく予定だ。

公式ブログによれば、Crypto.2年の調査と開発、そして2つのテストネットを経て、行われたメインネットのドライラン(試運転)CrossFireでは3000以上のバリデーターが世界中から参加。約4週間で2億7500万以上のトランザクションが処理されていた。

Crypto.comは高速度で低い手数料を誇るため、送金やDeFi(分散型金融)、またNFTの取引などに適していると紹介している。

DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説
新たなプロジェクトが次々と誕生し、仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーン業界で最新のトレンドとなっているDeFi(分散型金融)の特徴と仕組みを、既存金融サービスの比較と共に解説します。
大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説
仮想通貨イーサリアムなどの規格を用いた「NFT(Non-Fungible Token)」の市場規模が急拡大し、国内外の大企業や著名人の参入が相次いでいる。NFTのメリットや今後の将来性について解説。

仮想通貨CRO価格への影響は

一般的にトークンのバーン(焼却)では市場供給量が減少することで、需要と供給の関係が作用して1トークン当たりの価値が大きく高まることにつながる。

大規模なトークンのバーンの発表を受け、仮想通貨Crypto.comコイン(CRO)の現物価格は急騰。約1時間で60%以上の騰落率を記録した。

出典:CoinMarketCap

著者:Noah Sakamaki
参考:公式ブログ , 公式ブログ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します