米大手VCのa16z、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトOptimismへの出資でリード投資家に

イーサリアムのサポートを表明

米大手ベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz(a16z)」は24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のレイヤー2プロジェクト「Optimism」が行うシリーズAの投資ラウンドで、リード投資家を務めることを発表した。

Optimismはイーサリアムのスケーラビリティを向上させるため、「Optimistic Rollup」という技術を開発している企業。a16zはOptimismを高く評価しており、今回の出資を通して、成長を続けるイーサリアムのエコシステムをサポートしたいと説明している。

シリーズAは一般的に、事業開始前に出資を募る「シード」に続く投資ラウンドで、プロダクトの正式リリースに向けて取り組んでいる時期の出資を指す。OptimismへのシリーズAにおける出資額は2,500万ドル(約26億円)規模になるという。

Optimismは先月15日にメインネットをソフトローンチしており、まずはDeFi(分散型金融)プラットフォーム「Synthetix」に導入された。現在は正式なローンチに向けて段階的に開発を進めている。

関連イーサリアムの処理性能改善策「オプティミズム」、ソフトローンチ実施

リード投資家a16zの評価

リード投資家は対象の投資ラウンドにおいて、大きな金額を出資することが多く、また今回であればOptimismの対外的な信用を高めてくれる役割を持つ。

a16zはイーサリアムを「DeFiやNFT(非代替性トークン)などの需要の高まりで、開発者やユーザーに人気のあるプラットフォームとしての地位を確立した」と評価。一方でトランザクションが急増し、処理が遅れて手数料が高騰するなど、「イーサリアムは自身の成長の被害者になっている」と解説している。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

その上で、問題解決するための様々なアプローチやレイヤー2ソリューションの開発チームを長い時間をかけて見てきたと説明。その中でOptimismは手数料を下げ、処理の遅延を減少させる技術を開発しており、世界レベルのユーザー体験を提供できる可能性があると高く評価した。

またOptimismの最も大きな成果の1つとして、イーサリアムの枠組みに近づけて開発されていることを挙げている。それによって新しいプログラミング言語が必要ないなど開発者が設計に取り組みやすく、ユーザーの利便性も高まっていると指摘した。

関連:イーサリアム3年ぶりの過去最高値更新、高騰要因に4つの理由

著者:K.Kobayashi
参考:Andreessen Horowitz

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します