CoinPostで今最も読まれています

SBI Ripple Asia主導の証券コンソーシアム発足|大手証券会社など35社が参加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

証券コンソーシアムが正式に発足
4月19日、米Ripple社とSBIホールディングスの合弁会社「SBI Ripple Asia」が主導する「証券コンソーシアム(共同事業体)」が正式に発足。2018年1月に発表された18社から大幅に規模を拡大し、大手証券会社を中心に35社が加盟しています。

証券コンソーシアムとは

4月19日、米Ripple社とSBIホールディングスの合弁会社「SBI Ripple Asia」が主導する「証券コンソーシアム(共同事業体)」が正式に発足。

証券コンソーシアムは、証券関連業界が一丸となって、”業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進する”としており、発足時の参加企業は、今年1月に公表された18社から大幅に規模を拡大、大手証券会社を中心に35社が加盟しています。

主な参加企業は、以下の通りです。

  • 株式会社SBI証券
  • マネックス証券株式会社
  • 松井証券株式会社
  • 楽天証券株式会社
  • カブドットコム証券株式会社
  • GMOクリック証券株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • みずほ証券株式会社
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
  • 野村ホールディングス株式会社
  • 大和証券株式会社
  • 岡三証券株式会社
  • 丸三証券株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • セコム株式会社

証券コンソーシアムの目的

証券コンソーシアムの目的は、国内外におけるブロックチェーンなどの先端技術を有する「企業提携を推進」し、分散台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)、生体認証、人工知能などの最先端技術を活用、”新たな金融インフラ”の構築”を目指すことにあります。

分散台帳技術については、仮想通貨の基盤技術を起点としつつも、仮想通貨への利用にとどまらないとしており、幅広い用途で金融機関システムの安定性と柔軟性、効率性を高める可能性を有していると主張。

証券業界においても、分散台帳技術を用いた「本人確認(KYC)」の標準化や「マネーロンダリング対策(AML)」などの実証実験が継続して行われており、これらの成果を最大限活用することで、証券業界の発展に寄与できるとしています。

なお、具体的な検討を進めるにあたり、設置予定のグループは以下の3つに分類されており、「楽天証券」では、2017年よりブロックチェーン技術を活用した「本人認証プラットフォームの推進」を行っています。

  • KYC・本人認証ワーキング・グループ
  • 共通事務ワーキング・グループ
  • DLT先端実験ワーキング・グループ

証券コンソーシアムは、DLTなどの技術を早期商用化し、参加各社の業務効率化によるコスト削減を目指すとともに、証券サービスの利便性向上による「貯蓄から資産形成へ」の流れを促進するとしています。

また「SBI Ripple Asia」を主導、仮想通貨XRPを発行する「Ripple社」が開発・提供する”次世代決済基盤”は、DLTに基づいたものとなっており、国際送金の仕組みを大きく変える可能性を秘めているとして期待されています。

金融庁が掲げるスローガン

『貯蓄から資産形成へ』というスローガンは金融庁が掲げたものであり、国策の一つとされています。

日銀が2018年3月に発表した、市中の現金と金融機関の手元資金を示す「日銀当座預金残高」の合計である「マネタリーベース(資金供給量)」の残高は378兆2870億円に達しており、将来への不安などから現金預金などに蓄財している家庭が多く、民間経済に対して十分に消費が回っていない点も指摘されています。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(2016年)」によると、2人以上世帯における預金額の平均値は1,615万円、中央値で950万円。シングル世帯では平均値1,590万円、中央値では600万円とのデータもあります。

また、日銀の「資金循環統計」による2016年9月末時点における個人金融資産の総額は1,752兆円となっており、その内、現金・預金の割合は、52.3%にも上るとされています。

現金・預金
52.3%
債券
1.5%
投資信託
5.0%
株式
8.6%
保険・年金
29.8%
その他
2.9%

CoinPost考察

”長期・積立・分散投資を通じた資産形成の必要性”は、20年近く前から日本政府によって打ち出されている重要施策ですが、上記データからもその成果については疑問が残ります。

総務省統計局が作成・公表している「人口推計」のデータにもある通り、少子高齢化に伴うGDP(国民総生産)の低下や、社会保障費問題などが取り沙汰される一方で、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「NISA(少額投資非課税制度)」など、納税者に歓迎される「非課税制度」も充実しつつあります。

消費者心理を悪化させる先行き不透明な社会情勢や景気の低迷は、証券会社や金融マーケットにとっても死活問題であり、金融庁も「貯蓄から資産形成へ」の方針で金融機関に働きかけを行っています。また、「経済政策に関する取り組みの遅れが日本経済における再生の遅れにつながっている」との指摘もあります。

そのため、特に30-40代の資産形成層をどのようにして証券市場に呼び込むかについて、”銀行預金から金融資産への転換”を促す提案が必要とされている現状も、「証券コンソーシアム発足」の背景にあると考えられます。

CoinPostの関連記事

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。
SBI北尾代表:コンソーシアムを率いるR3社との合弁会社設立を提案
3月7日(水)に東京で行われたCordaCon Tokyo 2018で、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業であるR3社に対して、合弁会社の設立を提案しました。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:33
岸田内閣、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
総理大臣官邸で第13回新しい資本主義実現会議が開催され、「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧