分散型デリバティブ取引プロトコルのVega、gumiやPanteraらVCから500万ドルを調達

Vega protocolが資金調達を発表

分散型デリバティブ取引プロトコルのVegaは18日、合計500万ドル(約5億4500万円)の資金調達を行ったことを発表した。

Vega protocolは、「誰もがデリバティブ市場を創設・開設できるようにすることで市場を民主化する」というミッションを掲げ、即時決済、低手数料を実現する分散型のデリバティブ取引プロトコル。2020年第2四半期にテストネットをローンチしている。

Arrington Capitalと流動性プロバイダーのCumberland DRWがリード投資家となり、Coinbase Ventures、ParaFi Capital、Signum Capital、CMT Digital、CMS Holdingsなどが参加、2019年のラウンドに参加したPantera Capitalや日本のgumi Cryptosは追加投資を行った。

また、DeFi(分散型金融)アクセラレーションプログラム「DeFiアライアンス」からも、Aave 創業者兼CEOのStani Kulechov氏、Enzyme Finance 創業者のMona El Isa氏、Terraform Labs(TFL)の共同創業者兼CEOのDo Kwon氏、Kyber Networkの共同創業者兼CEOのLoi Luu氏が資金調達に参加している。

リード投資家であるCumberland DRWの戦略責任者、Brian Melville氏はVegaについて、「今日の投資家にとって複雑な市場構造の問題を抱える中、Vegaが提供するような斬新なソリューションをサポートできることに興奮しています。」と話した。

現在、メインネットのリリースに向け開発を行っており、まずはクロスチェーン担保においてイーサリアムへのブリッジを行う計画だという。また、将来的にはBitcoin、Polkadot、Cosmosなどのブロックチェーンにもエコシステムを拡大する予定だ。

また、間もなくリリース予定のFlamenco Tavernでは、アクティブ、パッシブを組み合わせたテストネット上での流動性マイニングが開始される。

Synthetix、dYdX、UMA、競合サービスとの違いは

Coinpostは、プロトコルの特徴や今後のスケジュールなどについて、Vegaへ質問を行った。

Vegaによると、Synthetix、dYdX、UMAなど、ほかの分散型デリバティブ取引プラットフォームは「イーサリアムをベースにしており、多くのトレードオフがある」という。

Syntheticはイーサリアムに制約されており資本が必要になります。そのためデリバティブのユースケースにとって魅力的ではありません。またプロダクト群が非常に限定されており、私の記憶が正しければオラクルに依存しているため、デリバティブの主要市場にはなり得ません。

これに対し、「Vegaは決済にのみオラクルを使用するため、事実上あらゆる種類の商品を作る」ことが可能となっている。

また、dYdXは、マッチングをはじめとするシステムの一部がかなり中央集権的です。またどのような市場を作り、流動性にインセンティブを与えるかをコントロールし、すべての取引から利益を得ています。これはVegaの分散化における理想とメリットの両方の面からかけ離れています。

UMAはその制約の点でSynthetixと類似しており、これは他の多くのEthereumベースのプロトコルにも当てはまります。また、イーサリアムのスループットが低いため高い手数料がかかり、さらに攻撃や悪用にあたるMEVやフロントランニングが見受けられます。VegaではコンセンサスレイヤーでのフロントランニングやMEVを防ぐことができます。」

Vegaは、こういった他プロトコルが抱える分散性や手数料の高さ、スループットなどの課題を解消することを目指す。

メインネットを今年の夏にもローンチ

Vegaは、現在テストネット段階であり、今夏にもメインネットをリリースする計画だ。

今年の夏の初めにメインネットがリリースできると見込んでおり、コミュニティはイーサリアムのメインネットと統合されたアルファメインネットを立ち上げることができるようになります。私たちはこのメインネットを「Wild West Net」と呼んでいます。

メインネットは、イノベーションのためのエキサイティングなプラットフォームになると思いますが、新しいブロックチェーンとしてリスクもあります。Vegaが提供する新しいツールなどを、人々がどのように使ってDeFi(分散型金融)を拡張していくのか、とても楽しみです。

また、将来的な計画についても語られた。

将来的には、プロトコルを拡張して、コミュニティが製品や市場をより柔軟に設計できるようにし、新しい『スマートプロダクト』全体のコーディングや価格決定のカスタマイズを可能にする予定です。また、指値注文とパッシブ(AMMスタイル)のハイブリッド流動性提供などの機能もプロトコルに追加され、BTC、Polkadot、Terraなど、Ethereum以外のブロックチェーンへのブリッジも行われる予定です。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します