週刊仮想通貨ニュース|ネムの新通貨Symbolローンチ、楽天ポイントでビットコイン取引体験など

今週のニュース

今週は、暗号資産(仮想通貨)ネムが新チェーンのSymbolをローンチさせたことで注目された。また、米バイデン政権の給付金がビットコインに流入するかを調査した内容の記事も読まれた。

仮想通貨市場では、ビットコインが上下に動く中、ネムの新通貨Symbol(XYM)が海外で取引開始された。

このほか、楽天がビットコインの取引を楽天ポイントで体験できるサービスを提供。日銀の黒田総裁は「この春からデジタル通貨(CBDC)の実験を開始する」と発言した。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ネムの新通貨Symbol(XYM)が誕生(3/17)

21年3月17日、ネム(XEM)の大型アップデートが行われ、かつてカタパルトと呼称された新チェーンのSymbol(XYM)が誕生した。 (記事はこちら

2位:米バイデン政権の給付金、2兆円超がビットコイン購入に流入の可能性=みずほ証券調査(3/16)

米バイデン政権が国民に現金給付を行う3,800億ドル(約41兆円)のうち、およそ250億ドル(約2.7兆円)がビットコイン(BTC)の購入に利用され得ると試算された。(記事はこちら

3位:「1BTC換算、約3180万円で落札?」 フランス政府のビットコインオークション(3/18)

フランス政府が行ったビットコイン(BTC)のオークションで、高額で落札された事例が報告された。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

ビットコイン大幅下落の背景は、膨張していた仮想通貨市場に冷や水(3/16)

暗号資産市場では、高騰の続いていたビットコインが前日比9%安と急落した。(記事はこちら

ネムの新通貨Symbol(XYM)、国外で取引開始価格は?(3/18)

本日実施されたネム(XEM)の大型アップデートで誕生した新チェーン、Symbolのネイティブトークン「XYM」が海外取引所で取引を開始した。 (記事はこちら

急回復のビットコイン、投資家の買い意欲衰えず 好材料を背景に「個別銘柄」の物色も旺盛(3/18)

18日の金融市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)でネガティブな材料が出なかったことで、市場に安堵をもたらした。ビットコインはFOMC通過による株市場の好転に連動するようにして18日昼までに約5000ドル急反発。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

【随時更新】米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ(3/18)

リップル社は、XRPを未登録証券として販売したとして、昨年12月に米証券取引委員会(SEC)が提訴。提訴以来の動きや進展をまとめ、随時更新する。(記事はこちら

「楽天ポイントでビットコインの取引体験を」BTC価格と連動してポイントが増減する新サービス開始(3/18)

楽天株式会社は18日、「楽天ポイント」プログラムを利用してビットコイン(BTC)の取引を疑似体験できる「ポイントビットコインby楽天PointClub」の提供を開始した。 (記事はこちら

「ビットコイン売却せずに日本円で収益」仮想通貨レンディング国内大手Cygnos、日本円支払いサービス開始(3/17)

暗号資産(仮想通貨)レンディング国内最大手の株式会社Cygnosは16日、レンディングの毎月の貸借料を日本円で支払う(銀行口座への振り込み)サービスを開始した。 (記事はこちら

日銀黒田総裁「この春からデジタル通貨(CBDC)の実験を開始する」FIN/SUM2021で言及(3/16)

黒田東彦日銀総裁は16日、日銀が主導して開発を進めるCBDC(中央銀行デジタル通貨)について、「この春からは、いよいよ実験を開始する予定」と言及した。(記事はこちら

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します