CoinPostで今最も読まれています

【後編】「規制VS教育」スランプを乗り越えたBTCの先にあるもの

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の「規制VS教育」(後編)
「規制VS教育」の後編記事はこちら。仮想通貨に関する”規制の在り方”について一石を投じ、安易な規制は逆効果だとして”教育の必要性”を訴えています。前編から先にお読み下さい。

この記事の【前編】はこちら

【前編】「規制VS教育」スランプを乗り越えたBTCの先にあるもの
【前編】仮想通貨及びブロックチェーン技術は、革命的かつ非中央集権的な特性を有しているが、その一方で弊害も生まれており、各国の規制など”従来のルール”を適応させるのは極めて不合理かつ非効率的とされています。この状況を打破するための『監視と教育』の必要性とは。

仮想通貨資産の定義

ユーザーにキャピタルゲインやインカムゲインでの利益を与える、あらゆるトークンを仮想通貨資産と定義できます。

国によって仮想通貨資産に対する規制は異なりますが、コミュニティ内で所有するトークンがホルダーに対し何らかの利益をもたらした場合、それは資産と見なされるべきです。

COSSやNEOのような仮想通貨を例にとってみると、異なるフォーマットで配当を提供しているのがわかります。

COSSは、通貨の取引で徴収した手数料をCOSS所有者間で分配することができます。

NEOは「GAS」と呼ばれる資産を生成し、BTCやETHに変換することが可能です。

相違点は、「トークン獲得のために通貨を購入する必要があるのか、無料で獲得できるのか」という点です。

トークンの獲得条件は、Airdropや、プラットフォームの使用、コンテンツの作成のいずれかとなります。

一方、ユーティリティトークンは、何らかの機能を目的に発行されており、金銭的な対価を目的としていないのが特徴です。

よって、ユーティリティトークンに対して、通常の仮想資産と同様の規制がなされるのは賢明な判断ではありません。

仮想通貨の成功と失敗

”教育なき規制”は、何の役にも立たないことは明白です。学びを得る最善の方法は、失敗することにあるからです。

成功への魔法のような方程式など存在せず、そこにあるのは試行錯誤の連続です。

群を抜いて賢い人は、違うことからも学びを得られるかも知れませんが、その過程でも失敗は付き物です。

要は、他人を見て「良し悪し」を判断するのではなく、自分自身の資産でリスクを犯し、学びを得る方を選ぶべきだということです。

投資方法や目的、技術面への理解、テクニカル分析の知識、感情の制御、そして失敗後の挽回策について、教育を進める必要があり、ただ闇雲に仮想通貨を排除したり、規制を設けるのは得策ではありません。

もちろん、一般投資家が詐欺や資金洗浄などの犯罪行為から守られるべきであることに対して異論の余地はありません。どのように行動するかが大切なのです。

私は人間の性善説や、市場を自主規制させておけば大丈夫、という考えを安易に信じたりはしません。

規制を促進すべき理由は、数多く存在しています。

理由の中には「陰謀論」のようなものもありますが、それを判断するのは私の役目ではないので、その判断はみなさんに託します。

カルテルの投稿を読み解く

読者の方々の中には、この元投稿をご覧になった方がいるかも知れませんが、もし特殊な視点での分析に興味があれば、Cryptoinvestorでご覧になってみてください。

特筆すべき点は、権力者によって構成されたカルテル(組合)が存在しており、そこでは”恣意的にビットコイン(仮想通貨)市場を下落させている”と語られていることです。

理解できる部分もありますが、BTCにおける過去の歴史を忘れているように感じます。

2014年に破綻した「Mt.Gox」の影響で、ビットコインは80%以上の大幅下落を経験しています。

中長期的な下落を伴う「弱気相場」を形成する要因はいくつも存在しますが、ビットコイン先物は、富裕層が契約満期前に多額の売りを仕掛けることができることからも、市場操作には打って付けであると言えるでしょう。

先物取引を使えば、2通りの方法で”巨額の利益”を生み出すことができます。

まずビットコインを利確して法定通貨に戻し、今度は下落を使用したドテン売り(空売り)で利益を生み出す方法です。

今後も私たちは、一部の富裕層(クジラ)による市場操作を見ることがあるかもしれません。

興味深いことに、世界的財閥であるロックフェラー家や、世界有数の投資家であるジョージ・ソロスの関係者も仮想通貨市場への参加を表明しているとされています。

ただし、”市場に参加するまでの期間”は定かではありません。

私たちが肝に命じておかなければならないのは、アンチマネーロンダリング(AML)や本人確認(KYC)を無視するような、人間の性です。

アカウント作成に関する責任に焦点を当てることも、今後施行される「規制の成功」に繋がるかも知れません。

ハッキングと仮想通貨

仮想通貨の歴史は、ハッキングと共にあります。

革新的なテクノロジーを導入する仮想通貨市場は、インターネット上で巨額の資金のやり取りを行うため、ハッカーからすると”格好の的”であると言えるでしょう。

ただし、このことは必ずしも負の側面だけではありません。

人間は絶えずストレスが掛かる環境下にいることでこそ、最大限の成長に向け取り組み、最悪の状況を打破することができるのです。

もちろん、ハッキング自体を正当化しているわけではありません。

結果的にビットコインと同等の反発力(レジリエンス)がある仮想通貨は、安泰であるという見方もできるでしょう。

まとめ

仮想資産に対する規制がともかく、仮想通貨に対する規制は安易に課すべきではないということです。

もちろん、KYCやAMLに対応するための”中央集権的なシステム”が機能していることが前提ではありますが。

仮想通貨は、世界中の人々に対して”国境、政府、法律、金融政策、経済モデルに縛られない決済”を提供できる画期的なシステムであり、これを自分たちの手で壊すのは反対です。

いかなる人物も、使用を望む通貨に対する「不適切な制限」を受けるべきではないのです。

私は、”規制なき仮想通貨”を使用した結末がどのようなものであったとしても、その結果を受け入れることができます。

強制的に違法にしてしまえば、無用な争いが生まれるだけで協調は生まれません。

この状況を乗り切りましょう。

Beyond the Slump: What’s Next for Bitcoin? Regulation vs Education

Apr 18, 2018 by Pedro Febrero

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧