イーサリアム:PoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型システムを提案

EIP1011とは
Chih-Cheng Liang氏とDanny Ryan氏によって「Ethereum improvement proposal 1011」が提案されました。その中で、「Hybrid Casper FFG」というPoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズムシステムが提案され、新しいPoSを実現するための”Casper”の第一歩となるのではないかとされています。
EIP1011の進捗
4月20日に行われた開発者間会議で、「EIP1011」を提案したDanny Ryan氏は、提案したコードについて”レビューやコミュニティでの議論に向けた準備が整った”ことを明かしました。しかし、この変更は既存のソフトウェアとは共存できず、ハードフォークを前提としていることからも、実装はまだ先であると考えられています。

イーサリアム合意形成変更コードの準備が整う

イーサリアムの開発者は4月20日、イーサリアムネットワークのコンセンサスアルゴリズムにおける仕様変更に伴う「新規コード」の準備が完了し、レビューに向けた準備が整ったことを明らかにしました。

「EIP(イーサリアム改善案)1011」で提案された、「Hybrid Casper FFG(Friendly Finality Gadget)」は、エネルギー消費に重きを置くマイニング手法から、”Minting”とも呼ばれる、より環境に優しい手法に推移していく長期的な計画とされており、その第一歩が踏み出されたことになります。

「イーサリアムは現時点で、ネットワーク上でブロックチェーンにブロックを追加する際のコンセンサスプロトコルに、「proof-of-work(以下、PoW)」を採用しており、その”証明”として多くのリソースを必要とします。

しかし、イーサリアムを発行したVitalik Buterin氏と開発者は、最終的にイーサリアムを特殊なウォレットに保管し、不正を行なった場合には、その”資産”を失うリスクを負うことになる「proof-of-stake(以下、PoS)」型のコンセンサスアルゴリズムへの移行を検討中です。

このPoSへの移行計画(コードネーム)は、『Casper』と呼ばれています。

もしEIP1011が適用されれば、2017年に公開された論文から議論が続いていたPoW及び、PoSを組み合わせた「ハイブリッドなシステム」が採用されることで、Casperへの完全移行に向けた重要な一歩となるでしょう。

Casperには賛否両論も

Casperの提案からしばらく経ちますが、識者の間でも賛否両論が続いており、VMwareのセキュリティ研究者は先月、イーサリアムのPoSへの移行は”根本的に脆弱である”と主張しています。

一方で、4月20日に行われた開発者間会議にて、Chih-Cheng Liang氏と共にEIP1011を提案したDanny Ryan氏(以下、Ryan氏)は、提案したコードが、”レビューやコミュニティでの議論に向け、準備が整った”ことを発表しました。

発表の場で、イーサリアムを使用する顧客への開発業務はすぐにでも開始でき、彼自身が正規の検証エンジニアとやり取りを行なっていることを明らかにしています。

またRyan氏は、「このパズルは完成に近付きつつある。」と語り、「フォークを行うブロック番号の特定を議論する段階まで来た。」と付け加えました。

この変更は既存のイーサリアムソフトウェアと両立できないため、変更を適応するためにはネットワークに対するハードフォークを行わなければなりません。

つまり、変更が施行されるまでにまだいくつかの手順が残っているのです。

Ryan氏は、以下のように言葉を結んでいます。

「いつテストが行われるかは定かではないが、議論の場として”EIP”を活用した後に開始できればと。」

The Code for Ethereum’s Consensus Change Is Now Ready for Review

Apr 22, 2018 by David Floyd

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加