「デジタル円」の今後、日銀決済機構局長の見解は=ブルームバーグ

デジタル円の取り組みをどう進めていくか

デジタル円をめぐる取り組みについて、日本銀行の神山一成決済機構局長がブルームバーグのインタビューに答えて今後の方針を語った。

段階を踏んだ実証実験

日本銀行は4月より2022年3月までの1年間で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)実証実験の第一段階を実施することを発表している。この段階では、発行、還収、流通などの基本機能を試す。

基本機能をテストした上で、そこに追加機能を付与するのが実験の第二段階となる。

具体的には、資金洗浄対策や、デジタル通貨の流通が金融システムへ与える影響の面から「保有上限・利用上限の設定」を検証すること、民間システムや日銀ネットなど「外部システムとの接続」を検証することを優先したいという。日本銀行金融ネットワークシステム(日銀ネット)とは、日銀と取引先金融機関との間で資金や国債の決済をオンライン処理するネットワークのことだ。

なお、オフライン機能については、電力の途切れた災害時には現金が使えるという意見もあるため、最初から導入するかは分からないと述べる。

第二段階を終えた上でさらに必要な場合には、民間事業者や消費者が参加するパイロット実験を行う可能性もあるとした。

民間事業者と協働

国民の支持を得ることについて神山氏は、デジタル通貨プロジェクトを進めるにあたっては「様々な人々との協働が必要」で、「日銀だけで発行は決められない」と説明。安全で効率的な決済サービスがすでに存在している先進国では、デジタル通貨導入のメリットやコストを示す必要があるとする。

現在すでに存在しているものを変えていくには国民からの理解が必要だと指摘する格好だ。

また、決済の基盤を提供するのは日銀である一方、ユーザーが必要なサービスを提供するのは民間事業者であるとして、民間の知見や技術を活用して、よりよいサービスを展開することに期待をみせた。

日本は遅れを取っているか?

さらに、「日銀はデジタル通貨について遅れを取っている」との意見もある状況については、そうした認識はないとしている。これまでに行っている取り組みとして、欧州中銀と日銀が分散型台帳を用いた金融システムの実験を行ったこと、また先進国の中央銀行によるCBDCの共同検討作業にも参加している経緯を挙げた。

2020年10月に、日銀も含む主要な中央銀行によるグループは、「中央銀行デジタル通貨:基本的な原則と特性」という報告書を発表している。

これには日銀の他、カナダ銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行、米連邦準備制度、スウェーデン・リクスバンク、スイス国民銀行という7つの中央銀行と、国際決済銀行が参加していた。

報告書は、将来に発行されるすべてのCBDCが備えるべき基本的特性を以下のように提案している。

  • 運用が完全であるための、強靭性と安全性
  • 利便性、ユーザーが非常に低いコストまたは無料で利用できること
  • 適切なルールや明確な法的枠組みの存在
  • 民間セクターが役割を果たし、競争やイノベーションが促進されること

また、中国のデジタル人民元が、開発において先行していることについて神山氏は「ドルが基軸通貨である状況は簡単には変わらない」と指摘。価値の保存手段としては「資本移動が制限されていない通貨でないと安心して利用できない」と自身の見解を述べた。

著者:A.Yamada
参考:Bloomberg , 日本銀行

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します