CoinPostで今最も読まれています

MyEtherWalletが使用するDNSサーバーがハッキングされる|公式対処法掲載

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

MyEtherWalletのDNSへの攻撃
MyEtherWalletが使用するDomain Name System(DNS)がハイジャックされたことで、MyEtherWalletにアクセスした際、フィッシングページにリダイレクトされる被害が発覚しました。確認されている被害総額は215ETH(約1600万円)以上に上り、関係者は注意喚起を行っています。

狙われる仮想通貨のウェブウォレット

仮想通貨イーサリアム(ETH)を保管することのできる代表的なウェブウォレットウォレットとして知られる「MyEtherWallet(MEW)」が、一部DNSサーバーのハイジャック被害に遭ったことが判明しました。

MEWは、イーサリアムだけでなく、イーサリアムクラシックやERC20トークン(Augur、Golem、OmiseGOなど)を保管しておけるウォレットであり、日本語にも対応しています。

さらに、クラウドセールへの送金や、CryptokittiesなどdAppsゲームのデジタル資産の購入など、多くの人々に使用されていました。

現時点で、少なくとも215ETH(約1600万円)の被害が確認されています。

DNSの脆弱性を突かれた可能性

4月24日、複数のMEWユーザーがMEWにオンラインでアクセスした際、不審な点があることを発見・報告しました。

結果的に、Domain Name System(DNS)登録サーバーがハイジャックされた形跡があり、MEWのドメインからフィッシングサイトにリダイレクトされていたことが判明しました。

MEWにアクセスしたユーザーは、知らぬうちにフィッシングサイトへ誘導されていたのです。

ただし、これはMEW側の問題ではなく、GoogleのDNSプロトコルによる欠陥ではないかと指摘されており、MEWに限らず、大手銀行を含むあらゆる組織に起こり得るセキュリティホールである可能性も指摘されています。

また同日、海外の最大手仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」も、GoogleDNSやAmazon Route 53を原因とする類似問題が発生しており、このことからもMEWのセキュリティ上の欠陥ではなく、「公共のDNSサーバーの脆弱性」をハッカーが突いた結果だと予測されています。

事件発覚直後、MEWの公式Twitterアカウントから、以下のような注意喚起が行われました。

複数のDNSサーバーがハイジャックされ、myetherwallet.comにアクセスしたユーザーがフィッシングサイトにリダイレクトされてしまう事例が発生した。 この問題は、@myetherwalletを原因とする不祥事ではないが、解決に向けてハイジャックされたサーバーの特定を急いでいる。

被害に遭ったユーザーの大半は、MEWの偽サイトにアクセスした際にポップアップされる「SSL警告」を無視して接続を試みていることが判明しており、MEWを使用する前に、”MyEtherWallet Inc”と表記された緑のSSL証明が施されていることを注意深く確認する必要があります。

さらに、MEWのローカル(オフライン)での使用を促し、それぞれの仮想通貨を補完するための「ハードウェアウォレット」の必要性についても言及されています。

MEWは、「同サービスの名を語り、ETHを配布するというツイート、reddit投稿、メッセージの類は安全のため無視する」ことを推奨しています。

MyCrypoからの対処法

この事件を受け、2018年初頭にMEWから派生した姉妹サイトの「Mycrypto」は、TwitterやRedditにて注意喚起を行い、対処法をまとめています。

(事件発生4時間以内に)秘密鍵、keystoreファイル、mnemonic phraseを使用してMEWにアクセスした場合

etherscan.io で自分のアドレスを確認し、ハッキングの被害を受けていないかチェックする

被害を受けていなくても、資金を他のウォレットに移動する。”送金作業を行う際には、絶対にサイト上では行わないこと”

MEWにおける、github.ioのオフライン手順サポート記事

(事件発生4時間以内に)MetaMask、Ledger Nano S、Trezorを介してアクセスした場合

ハードウェアウォレットに関して考えられるトラブルは、特定の時間内に送金された資金が他の受取先に渡ってしまうことです。現時点では被害は確認されていません。

この選択肢では、取引の署名や、アカウントのアクセスの際に、秘密鍵が晒されていないため、アカウント自体は比較的安全であると言えます。原因が解明され、詳細が明らかになるまで、MEWのウェブサイトを使用することは控えましょう。

(事件発生4時間以内に)秘密鍵、keystoreファイルを使用してアクセスしていない場合

MEWチームによって、この問題が解決されるまでMEWのウェブサイトにアクセスしないでください。好奇心はあなたの首を締めることになります。

今回の騒動

2017年にも「Etherdelta」というサービスが今回と同様、DNSサーバーの被害を受けており、仮想通貨関連のサービスがターゲットにされている現状があります。ある意味、中央集権的なシステムの失敗であるとも言えるでしょう。

その過程に中央集権的な部分が含まれている限り、使用する側も細心の注意を払い、自身の資産を守るために日頃から知識を蓄え、最大限の予防策を取っておく必要があります。

gualtiero boffi / Shutterstock.com

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/26 水曜日
07:32
Bybit、ソラナ基盤Zeta MarketsのZEXトークン新規上場へ
暗号資産(仮想通貨)取引所Bybitは、ソラナ基盤の無期限先物取引プラットフォーム「Zeta Markets」のZEXトークンの新規上場を行う予定だ。
07:00
米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの審査は順調」
米SECのゲンスラー委員長は、仮想通貨イーサリアムの現物ETFの審査手続きは順調であると語った。一方で、承認時期がいつになるかは不明確であると話している。
06:40
ドイツ当局の売圧継続か、88億円相当のビットコインを移動
仮想通貨追跡サイトArkhamによると、BKAはまず400 BTC(39.5億円相当)をコインベースおよびクラーケンのウォレットに送信。その後、500 BTC(49億円)を特定されていないアドレスに移したという。
06:05
ソラナ新機能「Blink」、X(ツイッター)離れず仮想通貨取引やステーキングなど可能に
この新機能により、ユーザーは現在閲覧しているツイッターを離れることなく、取引やステーキング、NFTのリンクへ接続し、トランザクションを送信できるようになる。
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア