韓国サムスン、GalaxyスマートフォンをLedger Nanoなど仮想通貨ウォレット対応へ

サムスン製スマートフォン、ハードウェアウォレットに対応

韓国のサムスン電子は13日、サードパーティー製の暗号資産(仮想通貨)のハードウェアウォレットを自社スマートフォンでサポートすると発表した。対応するサムスン製のスマートフォンに、ハードウェアウォレットの資産をインポートできる。

プレスリリースによると、Galaxyスマートフォンは「Ledger Nano SやLedger Nano Xなどを含む」ハードウェアウォレットと接続できるとしている。

これらのハードウェアウォレットの資産をSamsung Blockchain Walletにインポートし、管理することが可能になるという。

自社スマートフォンで暗号資産ウォレットを提供

サムスンは自社スマートフォンのGalaxyシリーズにて、暗号資産ウォレット機能「Samsung Blockchain Wallet」を提供しており、2021年現在、2019年のGalaxyS10や後継機種であるS20などが対応している。

現在、ウォレットはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のほか、ERC規格やTRC規格のトークンに対応を拡大しているほか、一部地域では取引所Geminiと提携し、暗号資産の取引にも対応している。

関連:サムスンのスマホから仮想通貨取引可能に Gemini提携で【米・加】

さらには、アプリからブロックチェーン関連ニュースも閲覧できるほか、分散型アプリ(DApp)にアクセスする機能も提供しており、暗号資産を一元的に管理できるアプリとなっている。

簡単に資産を管理できるため人気の高いスマートフォン上のウォレットだが、インターネット環境に常時接続されるスマートフォンは不正アクセスなどを受ける可能性もある。

そのため、Ledger Nano Sなどオフラインで暗号資産を保管可能なハードウェアウォレットに比べ、利便性は高くとも安全性で劣ることが指摘されている。

安全性を確保するため、Galaxyスマートフォンでは、デバイスをハードとソフトの両面で保護するKnox security platformを開発し、標準的に採用してきた。

また、ブロックチェーン周りでは、ウォレットと共に提供されているSamsung Blockchain Keystoreを導入し、これによってウォレットの秘密鍵は、スマートフォンの安全な領域に保存されるとしている

著者:t.tenporin
参考:Samusung

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します