ビットコイン4万ドルまで続落、米国の投資家動向や大口のインフローに警戒感も

ビットコイン相場

19日の仮想通貨市場は、ビットコインが大幅続落。42,000ドルの直近最安値を割り込んだ。12時時点で一時40,480ドル(440万円)まで下落した。日足の200日移動平均線は39,830ドルにあるが、どこで下げ止まるかは判断が難しく、さらなるダウンサイドリスクも警戒される。

直近では、米ニューヨーク時間(日本時間21時頃)から大きく売られる傾向が顕著になっている。

青線:日本時間21時

今年2月のテスラ社、及びイーロン・マスクCEOのビットコイン大量保有に便乗した大口投資家が、損益分岐点を前に売却を急いでいる可能性も示唆される。テスラによる15億ドル(約1600億円)相当のビットコイン購入が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになったのは2月8日。当時のビットコイン価格は約4万ドルだった。

データ分析企業CryptoQuantのKi Young Ju(@ki_young_ju)CEOは17日、Exchange Inflow Mean(MA7)で取引所への入金額が増えていることに対して、警戒感を示していた。

出典:CryptoQuant

大口投資家による仮想通貨取引所へのビットコインのインフロー(入金)増加は、保有ポジションの売り圧力を示唆する。

Glassnodeが17日に掲載した週次オンチェーンデータ分析によれば、集計する全仮想通貨取引所に対して27,500BTC規模の純流入が観測された。

(*27.5kなので、正しくは275,000BTCではなく27,500BTCとなります。表記ミス申し訳ございません)

出典:Glassnode

これは2020年3月に発生したコロナ・ショック時の売却、および2019年のPlusTokenポンジースキーム騒動時に匹敵する規模であり、パニック売りを助長しているとみられる。日足RSIなど足元は売られすぎ水準にあるが、株式市場も荒れ模様が続いていることから、今後も相場の乱高下には注意したい。

個別銘柄の動向

一部銘柄は依然として物色されている。日本時間4時半頃には、時価総額16位のポリゴン(MATIC)が過去最高値を更新、一時2.61ドルを付けた。直近では、時価総額23位のAAVEと時価総額14位のSOLが過去最高値を更新。それぞれ前週比34.7%高、前週比19%高となった。

AAVEは、分散型レンディングプラットフォームAaveを中心とするエコシステムのネイティブトークン。ソラナは、世界の金融システムを民主化することを目的に開発され、異なるブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)を重視する。秒間50,000以上のトランザクションを処理できる送金速度や手数料の低さが最大の強みとされるため、バイナンス・スマートチェーンやポリゴンなどと同様、イーサリアム・ネットワークのGas台高騰局面で需要拡大が加速した。

関連:AAVEとは|有望DeFiプラットフォームの特徴と将来性

20年7月には、大手デリバティブ仮想通貨取引所FTXが、ソラナチェーン基盤で分散型取引所(DEX)「Serum」をローンチして人気を博す。直近ではSolanaブロックチェーン上の分散型プラットフォームなどでエアドロップが行われているほか、DeFiアプリケーションのプロジェクト活性化や10,000人以上の登録者を集めて注目されるハッカソンが5月15日から6月7日まで開催されていることなどが相場を後押ししているものと見られる。

その他の銘柄では、SUSHI価格が前日比+20%と大幅上昇した。

SushiSwapのトークン販売プラットフォーム「MISO」がプレローンチ。その第一号となる「SAKE」がダッチオークションの形式で販売された。ベース通貨がSUSHIトークンとなることなどが後押しした。

トークンセールの新規プラットフォームMISOでは、主にSUSHIトークンで決済する仕組みとなっており、SUSHIトークン需要が高まるとの思惑が働いた。現時点では提案段階にあるが、ファーミングプール「ONSEN」では、MISOで販売したトークンのプロジェクトは、イールドファーミングするにあたりSUSHIトークンのステーキングが必要となる可能性があることも注目されているものと見られる。

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します