新たなビットコインETF申請へ、米上場投資信託プロバイダーTeucrium Trading

ビットコイン先物のETF

米国で再び暗号資産(仮想通貨)ビットコイン関連のETFの申請書が提出された事例が見られた。

今回申請したのは、上場投資信託プロバイダーのTeucrium Tradingだ。現在多く申請されている現物基準のビットコインETFと異なり、CMEの提供するビットコイン(BTC)先物をベンチマークとしてパフォーマンスを追うという。

また、ニューヨーク証券取引所のArca取引所への上場を目指すという。

Teucrium Tradingは主に農産物のETFを提供。2011年に米国で初めて農産物コモディティのETFを導入した業者だ。大豆ファンドや小麦ファンド、砂糖ファンドなどを運用している。

ビットコインETFに関しては現在米国で複数の申請がSEC(証券取引委員会)に審査されている。今回のETF申請を含め、ビットコインのパフォーマンスに直結する上場投資信託の申請は10件に上る。

SECはすでにVanEck、WisdomTree、Kryptoin、およびフィデリティの申請に対する審査を開始しているが、最終判断には至っていない。

また、SECがビットコインETFを承認した事例はないものの、VanEckは先日イーサリアム(ETH)ETFの申請目論見書をSECへ提出し、米国の初事例となった。

一方、隣国のカナダやブラジルではすでに複数のビットコイン・イーサリアムETFが取引されている。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

著者:菊谷ルイス
参考:SEC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します