米アップル、仮想通貨決済の職歴を持つ人材を募集へ

仮想通貨決済の職歴を持つ人材を募集

米IT大手アップル社が、暗号資産(仮想通貨)決済に関する職歴を持つ人材の募集を開始した。

求人が公開されたのは26日で、決済に関する事業開発担当マネージャーを募集している。採用時に重要視する経歴の1つとして、「仮想通貨やデジタルウォレットのような決済手段を提供する企業で、またそのような企業と、5年以上働いたことがある」という項目を記載。まだ求人が出たばかりだが、同社の今後のサービスに対する注目度が高まってきた。

大手企業であるアップル社の仮想通貨に関する動向は、以前から関心を集めている。

2019年には、決済サービス「Apple Pay」部門の幹部Jennifer Bailey氏が、「アップル社は仮想通貨に注目し、技術やトレンドなどを追っている」と発言。「仮想通貨は長期的な視点で見ると、可能性を秘めていると思うが、当社はユーザーが今何を利用しているかを最も重要視している」と説明していた。

そして「QRコードによる決済手段の存在や、仮想通貨の長期的な可能性を考えると、いつかクレジットカードよりも利用者が増えると考えている」とも語り、注目を集めた。

関連「仮想通貨は長期的可能性を秘めている」アップルペイ責任者が発言

今回募集している事業開発担当マネージャーは、現金やクレジットカードのような主要な手段に代わる決済に関するチームを率いるという。新しい決済ソリューションの専門家として、業界のキープレイヤーを見つけたり、パートナーシップを結んだ企業との関係維持を担当したりしながら、事業開発を行う。

アップル社の影響力

カナダを拠点にする大手投資銀行RSB Capital Marketsは今年2月、アップル社が仮想通貨業界に参入した場合の試算を発表した。

同銀アナリストMitch Steves氏は、アップル社が仮想通貨取引事業へ参入すれば、すでに堅牢なソフトウェアエコシステムと普及基盤を持っているという大きな強みがあり、年間400億ドル(約4.3兆円)を超える収益を上げる可能性があると試算している。

そして「数十億ドル規模(発表のまま引用)の業界である仮想通貨取引事業に参入すると決定した場合、アップル社は瞬く間に市場シェアを獲得することができるだろう。同時に今後10年から20年の間、米国を仮想通貨業界のリーダーにすることにも繋がる」と主張した。

Steves氏はAppleWalletに仮想通貨の売買機能を組み込むことが、低リスク高リターンなチャンスにつながると指摘。その根拠やアップル社がビットコイン(BTC)を購入した場合のシナリオは以下の記事にまとめている。

関連「カナダ大手投資銀行、米アップル仮想通貨業界参入時の影響を試算

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します