米マイアミ開催「ビットコイン ・カンフェレンス2021」ハイライト

数万人参加のリアルイベント

新型コロナ対策で開催が危ぶまれたロサンゼルスから、仮想通貨都市を目指すマイアミに拠点を移し、数万人が参加する最大級のビットコイン・カンファレンス「Bitcoin2021」が6月4日と5日に開催された。主催者の発表によると、完売した2日間の会議に1万5,000人の参加者、さらに市中で行われる様々なイベントには5万人ほどが見込まれる。

同カンフェレンスには、仮想通貨支持派の連邦議員をはじめ、投資家や学者、業界著名人が一堂に介した。メインスピーカーには元米大統領候補のロン・ポール氏、シンシア・ルミス上院議員、マイクロストラテジー社CEOのマイケル・セーラー氏、スクエア社CEOのジャック・ドーシー氏などが名を連ねた。

カンフェレンスの開幕にあたり、Francis Suarezマイアミ市長が「通貨が中央銀行に縛られる時代は終わりつつある」と宣言し、ビットコインへの力強いサポートを表明した。

関連:ビットコイン・カンファレンス開催地マイアミの市長、自身の仮想通貨保有を明かす

政治家からのインプット

メインスピーカーの一人、元共和党議員のロン・ポール氏はリバタリアンとして知られる。同氏は「誰もが通貨の自由を望んでいる」が、昨今、大量に出回っている政府発行の「フリーマネー」とは意味合いが違うことを強調。このようなフリーマネーは、「全て偽物で、政治的な腐敗が入り込んでいる」と述べた。そのため、いくら金持ちになる人がいたとしても、国は貧しくなってしまうと批判した。

「自由な市場は、個人を助けるように設計されているが、選択の自由がある場合にのみ機能する」と述べ、人々の自由および金銭的自由は、ビットコインの方向性と合致すると主張。ポール氏は解決策として、「汚職で作りあげられた」連邦準備制度を廃止することが望ましいと提案した。

さらに「米国の負債は28兆ドルに膨らんでいるが、悪意のある言い方をすると、ビットコインにとってはうまく行っていると言えるだろう」と付け加えた。

ビットコインのエネルギー問題

テスラ社CEOのイーロン・マスク氏のビットコインに対する態度への批判も、このカンフェレンスでは顕著だったようだ。

この論争ではビットコインのマイニングの環境問題が焦点になっているが、強力なビットコイン支持派のマイケル・セーラー氏は、次のように語った。

「ビットコインは、エネルギー産業全体にとって、既存の価値を打ち砕くような、並外れた有益な技術だと思う。研究するにつれ、ビットコインは断続的なエネルギーを最も価値のある形で利用できることが明らかになった。再生可能エネルギーや、浪費されたり使用されずに放置されるようなエネルギーの、最も価値の高い利用法だ。遠隔地に発電所を開発したり、発電所の効率を上げることでコストを下げるためのソリューションでもある。」

このような事実が理解されれば、ビットコインのエネルギー問題についても一般に受け入れられるようになると、セーラー氏は主張した。

ツイッター社及びスクエア社CEOのジャック・ドーシー氏も、マイナーの利益追求の動機からも、ビットコインのエネルギー問題は解決に向かうとの考えを示した。

「経済の面から考えると、マイナーは最終的には利益を上げなければならないため、安価な再生可能エネルギーを使うことはマイナーの利益を最大限に高める可能性につながる。これは実に単純なことだ。ビットコインは再生可能エネルギーの使用を増やす動機となるだろう。そして、世界の何十億もの人々のために、使用されていない無駄な電力を実際に価値を生み出すものに変換する自由を与えることになると、心底信じている。」

ドーシー氏の発言は、スクエア社の直近の動きにも裏付けられている。同社は、6月5日、ビットコインのインフラ開発企業Blockstream社と提携し、太陽光発電によるビットコインのマイニング施設の建設を行うと発表した。これはスクエア社の「ビットコイン・クリーンエネルギー・イニシアチブ」の一環で、同社は500万ドル(約5.5億円)を出資し、100%再生エネルギーを利用してマイニングを行う概念実証の施設とするという。

ビットコインを法定通貨に

このカンフェレンスでの最大のサプライズとなったのは、中米エルサルバドル共和国の大統領による「ビットコインを法定通貨にするための法案を提出する」という発表だろう。

ライトニングネットワークの決済プラットフォームStrikeの創設者Jack Maller氏のプレゼン中に、Nayib Bukele大統領の声明動画が流され、「ビットコインを法定通貨とする法案を議会に提出する予定」が明らかにされた。Maller氏は「人口の70%以上が銀行口座を持たない」エルサルバドル当局から、援助を求められ、ビットコイン導入の計画を進めてきたという。

世界で初めてビットコインを法定通貨とする可能性が浮上したわけだが、国際的な金融規制や外国為替など、実際に対応すべき課題も多いようだ。

関連:エルサルバドル大統領、世界で初めてビットコインを国の通貨として認める法案提出へ

重要な論点を動画解説

エルサルバドルによるビットコインの法定通貨法案提出に関連し、特に重要な論点や世界各国で発生し得る議論について、国内大手仮想通貨取引所bitFlyer創設者の加納裕三氏が詳しく解説した。

著者:幸田直子

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します