CoinPostで今最も読まれています

米著名ファイナンシャル・アドバイザー「偏見を捨て、新しい資産クラスを学ぶべき」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インターネット以来の商業的革新

全米で最も高く評価されるファイナンシャル・アドバイザーの一人であるRic Edelman氏が、ビジネスニュース番組「ヤフー・ファイナンス 」に出演。「ブロックチェーン技術と暗号資産(仮想通貨)は、世界の商取引に多大な影響を与える可能性が高い」と語った。

128万人の顧客を抱える米独立系投資顧問企業「Edelman Financial Engines」の創設者であるEdelman氏は、2012年から仮想通貨と関わってきた。

同氏がそこで学んだのは、「ブロックチェーン技術とそれから派生したデジタル資産は、インターネット誕生以来、最大の商業的革新」であり、今後、商取引に大きな影響力を持つ資産クラスであるのにも関わらず、「ほとんどの投資アドバイザーは、この事実に気づいていない」ことだとコメントした。

Edelman氏はファイナンシャル・アドバイザー(FA)の多くは、「経験豊富で、類稀なる才能があり、すでに成功している」ものの、その豊富な知識や経験が却ってビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨の理解を阻んでいると分析。その理由として、「ビットコインは、約150年ぶりに誕生した、全く新しい資産クラス」であり、主な投資対象である株式、債券、不動産、石油、金、コモディティなどの資産クラスとは「何の共通点もない」ためだと指摘した。

しかし、「新しくて異なる」資産クラスだからこそ、仮想通貨はポートフォリオの多様化を目指す投資家にとって「非常に大きな投資のチャンス」を秘めていると主張した。

ポートフォリオの多様化

Edelman氏は、まず、ポートフォリオの1%をビットコインに投資する戦略から始めることを推奨。1%は大変小さい割合だが、ビットコイン価格のボラティリティを考慮すると、リターンを高める可能性を保持しながらも、損害があったとしても気にならない程度に抑えられる割合だと説明した。

関連:「顧客資産の2%はビットコイン投資に」米大手金融が提案

さらに、投資家自身の好みではなく、真にポートフォリオの分散化やリバランス戦略に基づくのであれば、ビットコインの特徴である他の資産クラスとの非相関性やボラティリティほど有利なものはないだろうと主張している。

そのため、「FAは偏見を捨て、純粋な好奇心を持って仮想通貨について学ぶことが重要だ」と述べた。そして学びが深まれば深まるほど、実際のユースケースがあることに気づくだろうと付け加えてた。

Edelman氏は、人気ラジオ番組「The Ric Edelman Show」のホストとして、約30年にわたり住宅ローンや退職後の生活設計など、個人向けに金融アドバイスを務めてきた経験がある。同氏は3年前、仮想通貨教育企業「RIAデジタル資産協議会」(RIA Digital Assets Council)を立ち上げ、FAの仮想通貨の理解を促す活動にも尽力しているようだ。

ドージコインに苦言

Edelman氏は、仮想通貨投資の手始めとして、時価総額の2トップであるビットコインとイーサリアム(ETH)を勧めているが、ドージコイン(DOGE)には手厳しい。

仮想通貨市場における投資の多様化という点から、ドージコインについての考えを尋ねられると、同氏はドージコインは(正しくは「ドギーコイン」と発音すると指摘しつつ)「仮想通貨界の問題児」で、強く反対すると回答。

冗談として開発されたドージコインには、正当なユースケースもなく、金融業界における仮想通貨の正当性に対する評価も下げかねないと批判した。また、一過性のブームの範疇に入るコインで、「有名で裕福な人物」の発言で価格操作されるような「不正」の可能性も考えられるとした。

関連:物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

Edelman氏が最も懸念しているのは、米証券取引委員会(SEC)によるビットコインETF承認に、このような状況が影響を与えるのではないかという点だ。

ETFとは

ETF(上場投資信託)は、個人・機関投資家が分散投資をするための金融商品。伝統金融では、一つの銘柄に限らず、複数の銘柄にいっぺんに投資することができるメリットがある。

一方、ビットコインETFの場合は、ビットコインという1つの銘柄に投資するが、投資家がビットコインの保管を行う必要がないため、仮想通貨市場へのアクセスのハードルが下げられる金融商品と見られている。

▶️仮想通貨用語集

Edelman氏は、投資手段として一般的に投資しやすいETFを高く評価しており、ビットコインETFの承認を待ち望んでいる。しかし、SECはビットコインETFを未だ承認しておらず、規制当局として市場監視の役割を果たしていない点を批判。

承認は早くても9ヶ月から18ヶ月後になるとの持論を明かした。

ETFの次善策として、Edelman氏はインデックス投資を勧めており、その一例としてビットワイズ(Bitwise)やグレースケールなどのファンドを挙げた。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧