CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨イグニス(IGNIS)、XRP基軸の取引所Bitrueに上場 イグニス上のNFTカードゲーム「Mythical Beings」とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bitrue、IGNIS取り扱いを開始

今月10日、XRP基軸の仮想通貨取引所であるBitrueで、イグニス(IGNIS)の取り扱いが開始された。それに先がけ、イグニス・ブロックチェーンの親チェーンであるアーダーブロックチェーンにおいてローンチされたNFT活用のカードゲーム、そしてアーダーブロックチェーン初となるDAO例も見ていく。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。アートやスポーツ業界などで今春人気が高まっていた。

▶️仮想通貨用語集

イグニスを使用するNFTカードゲームのローンチ

アーダー(Ardor)エコシステム内に構築されたゲームプラットフォームを運営するTarasca Art & Games社は6月1日に、NFTを活用したトレーディングカードゲーム「Mythical Beings(神話の生物)」を正式ローンチしている。

「Mythical Beings」は、世界各地に伝えられる神話上の生き物をモチーフにしたNFT(非代替性トークン)カードの収集を楽しむゲームだ。このゲームではカードの獲得や交換、および合成などが可能となっている。Tarascaによると、このプロジェクトにはゲームを通した芸術の発展、そしてプレイヤーが世界の神話に親しんでもらうための教育目的も込められているという。

関連:アーダーブロックチェーン活用のゲームプラットフォーム、Tarascaとは

関連:Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

アーダーブロックチェーンにおける初のDAO例

Tarascaプロジェクトはアーダープラットフォーム上における初のDAOとなる。Tarasca DAOは設立後、設立者が株式を作成してクラウドセールで販売を実施しており、すべてのトークン保有者はDAO資産をコントロールすることができるという。

Tarasca DAOの特徴としては、スマートコントラクトを一からコーディングする必要がない点、また投票システム、分散型資産取引、クラウドデータ、メッセージングシステム、アカウントコントロールなど、ArdorやIgnis独自のスマートコントラクト・プラットフォームで利用可能な既製ツールがすぐに使用できるよう準備されている点だ。

ゲームの仕組みとプレー方法

プレイヤーの主な目的は、ゲーム上の全種類の神話の生物を集め、コレクションを完成させることだ。神話の生物は欧州、アフリカ、オセアニア、アジア、アメリカの各地域から10体ずつ、計50体が登場。カードはそれぞれ、コモン、レア、エピック(最も希少)の3つのレアリティに分類される。

カードを手に入れるには、ランダムなカード3枚入りのパックを購入するか(価格は99 IGNIS=約465円)、または他のユーザーから購入できる。重複したカードを入手した場合、合成に使用したり、他のユーザーと交換したりして仮想通貨を稼いだり、ジャックポットを集めたり、レアリティの高いカードを所有することで受動的な配当収入を得たりすることが可能だ。通常のNFTカード取引においては、ブロックチェーン手数料以外にかからない。

ゲームの目玉、ジャックポット配当システムとは

このゲームの注目機能となるジャックポットとは、スマートコントラクト上にNFTカードの売上げ50%が積み立てられ、この積立金(IGNIS)がジャックポットの参加条件を満たすプレイヤーに対し、ボーナスのような形で配当されるというものだ。ジャックポットサイクルは現在3.5日に一度(週に2回)開催されている。

NFTカードパック価格の30%はTarascaの収益となり、50%はジャックポットに積み立てられ、10%は全250枚しか発行されない「Tarascaカード」(ゲーム内の条件を満たすことで獲得できる特別なカード)ホルダーに、そして最大10%は他のプレイヤーを招待したコミュニティへ配られるという。

現在「Mythical Beings」はシーズン1の最中で、プレー期間は6月1日〜9月30日までとなっている。

詳細:Mythical Beings

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧